人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

これから先のこと

大好きな彼に・・・





どうかこの先もずっと私の彼でいてくださいね。

どうかこの先もそのあったかい手で私を撫でてくださいね。

どうかこの先も私のわがままを笑って許してくださいね。

どうかこの先もずっと元気でいてくださいね。

どうかこの先もずっと「愛してる」といってくださいね。




ときどきとなりに彼がいないことを寂しく思うけれど・・・

でも、気がつけばもうこんな年月が経っていて・・・

二人の気持ちは知り合った頃と何も変わっていない。

私はめちゃくちゃ彼が好きだったりする。

何年後になるかわからないけれど・・・

いつか彼と一緒に暮らせる日が来るのは間違いないと、

今は心から信じていて・・・

私はだから少し強くなったのかもしれないな。

いつになるかわからないこの先の予定だけど・・・

きっと、そのうち具体的になってくるだろうと、その日を焦らずに待とうと思う。

More

by azu-asu | 2009-03-10 23:15 | 恋する私

今年は当たり年

金曜日、長女、37.5℃の微熱があったので、学校を休ませた。
仕事から帰ってきたとき、38℃前後。
その後、私は学童クラブの役員会へ。
戻ってきて夜の10時半頃測らせると、39℃まで上がってる。
やばいなぁ。
・・・でもこの時点ではただの風邪だと疑っていない。
なんていったって、インフルエンザは済ませているのだから。

翌日、土曜日・・・長女の熱は37度台前半。
本人もすっかり元気。
良かった、やっぱりただの風邪だったんだね。
でも、日曜日の予定のこともあるから、念のためお医者さんへ行って、
お薬だけもらっておこう!

そして・・・
なんと、検査の結果・・・インフルエンザのB型だそうです。
つまり、今シーズン・・・A型とB型のダブル受賞をしたって訳です。

そういう話を聞いたことはあるけれど、
まさか我が子が・・・。

月曜日と火曜日は学校はお休みだね。



「これでもうかからないわけだから、卒業式は安心だよ!」
周囲にそう励まされて、そうだよな、この時期でよかったのかも・・・
と、気持ちを切り替えて。



当の本人は、今朝はもう36度台に下がっていて元気。
予定していたミュージカルを観に行けなくなり、このことは残念がっているのですが、
学校を休めるのは嬉しいらしく・・・
6年生にもなって・・・と、この程度かぁ。
と、情けなくもあり。


とにもかくにも、皆様、まだまだ油断はなりません。
とくにお子さんがいらっしゃる方はお気をつけくださいませ。


今年は当たり年・・・ってことで、次はグリーンジャンボかぁ!と期待しております・・・ハイ。

by azu-asu | 2009-03-08 10:32 | 母親の私

口が開かない!

これって、きっと顎関節症・・・

とにかく顎関節が痛くて・・・
そして口が開かない。

頑張ってもやっと指一本入るかどうかってくらいしか開かず・・・
咀嚼なんてとても無理。
今日の晩ご飯は、ウィダーinゼリー。
子どもたちは大好きな焼き魚をきれいに食べていたけれど・・・
私はどうしてもそれが食べられなかった・・・グスン。

明日には少し良くなってるといいんだけどな。

by azu-asu | 2009-03-05 21:35 | 日記

卒業間近

今日は午前中2時間だけ有給をもらって、
子どもたちの学校へ。

毎年恒例の卒業生を送る音楽会の鑑賞のためだ。

体育館が狭いことから、5、6年生の保護者にしか公開されない。
それはとても残念だ。
だって、1年生の発表も2年生の発表も・・・とても上手なんだもの。
先生方の歌ももちろんあるしね。
各学年が趣向をこらし、合唱や合奏の合間にパフォーマンスが入ったりする。
涙あり笑いありの音楽会だ。

全体合唱は「スマイルアゲイン」
これもとても素敵な歌詞だけれど・・・
子どもたちが歌うどの曲も歌詞に聞き入っていると涙が出てくる。
最初から最後まで花粉症のせいもあるけれど、
目を潤ませながら観てきた。
長女たち6年生は、合唱は「見えない翼」
二女、3年生の合唱曲は「大切なもの」
どちらもなかなか素敵な曲だ。

子どもたちのおかげでいろいろな曲を聴くようになり、
そのどれもこれもが新鮮で・・・そしてなかなか魅力的。
今の子どもたちは色んな曲を覚えられていいものだなぁとしみじみ。

そして何より・・・
長女が入退場する姿に卒業式の予行練習を見たようで、
うるうるさせられっぱなしの音楽会だった。

もうすぐ卒業なんだなぁ・・・

改めていろんなことを思った一日。




見えない翼
作詞:佐々木 香  作曲:長倉鈴恵

風に向かい 大空に 高く高く舞い上がれ
ぼくの背中に ほら透明な翼がはえたよ
初めて出会う悲しみに 心が震えてしぼむとき
光の見えない暗闇で 生きてる意味に迷うとき
そっと背中を振り返る
見えない翼がぼくに言うよ

見ようよ
ほら見えるよ
空の向こうに 君の明日が
目を閉じるな 耳を澄ませ
大きく翼ひろげて
風にむかい空を駆ける鳥になれ

雲をこえて 大空に 高く高く舞い上がれ
君の心に ほら透明な翼がはえたよ
初めて感じる切なさに 伝えきれないもどかしさ
大人になる日のとまどいに 君の心がすくむとき
そっと背中を見てごらん
見えない翼に僕がなるよ

翔ぼうよ
ほら 翔べるよ
光めざして 大きな空へ
目を閉じるな 耳を澄ませ
大きく翼ひろげて
明日に向かい夢を架ける人になれ
風うけて 明日に向かえ


大切なもの
作詞作曲:山崎朋子

空にひかる星を 君とかぞえた夜
あの日も 今日のような風が吹いていた
あれから いくつもの季節こえて 時を過ごし
それでも あの想いを ずっと忘れることはない
大切なものに 気づかないぼくがいた
今 胸の中にある あたたかい この気持ち

くじけそうな時は 涙をこらえて
あの日 歌っていた歌を思い出す
がんばれ 負けないで そんな声が聞こえてくる
ほんとに 強い気持ち やさしさを教えてくれた
いつか会えたなら ありがとうって言いたい
遠く離れてる君に がんばる ぼくがいると

大切なものに 気づかないぼくがいた
ひとりきりじゃないことを 君が教えてくれた
大切なものを

by azu-asu | 2009-03-03 23:59 | 母親の私