人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

夏休み

夏休みといっても、子どもたちは学童保育へ毎日行っているし、
私はもちろんいつもどおりお仕事だし。
あまり生活自体は変わっていない。

だた、大変なのはお弁当作り。
私は普段から、可能な限り自分のお弁当を毎朝作って仕事へ行く。
ただ、自分だけのお弁当だと、前の晩の残り物だろうが、
朝ごはんの残りだろうが、冷凍食品オンリーだろうが、
まったくかまわないのだけれど…
これが、子どものお弁当となるとそうはいかない。
一応栄養が偏らないようにと、お肉・お魚と野菜のバランスも考えるし、
あとは見た目も重要になってくるので、色合いなんかにも気を使う。
これを夏休みは週に3回やらなければならないのだ。
火曜日と金曜日は学童でお弁当を外注するので、ありがたい。
だったら毎日お弁当を頼んでもらったほうが…とも思うけれど、
このお弁当代も、週に2回でも二人分だと、夏休みいっぱいでけっこうかかる。
毎日外注となると、それも大変なんだろうな。
それに、指導員いわく…やっぱり手作りお弁当のほうがみんな食べるらしい。
多分…子どもの好みは親が一番わかっているし、当然といえば当然のこと。
なので、週に3回手作り、2回が外注というのは、妥当な線なのかな。

そんなわけで、週末も普段とそうそう変わりなく。
土曜日の午前中は近くの公園で、二女の保育園時代の友達と合流。
子どもたちは懐かしそうに元気に遊び、母たちは木陰で話しに花を咲かせ。
午後はいつもどおりスイミングスクールへ。
そして、今日、日曜日は掃除に洗濯。
子どもの夏休みの宿題をみて…そして一日が終了。

明日からまた一週間が始まります。
頑張らないと。

そして今年こそ…「夏痩せ」してみたいなどと思う私でありました。

by azu-asu | 2007-07-29 19:41 | 日記

彼の娘

つい先日、私のあこがれの人からあの「mixi」のお誘いを受けました。
私はそのシステムjもあまり理解できていなくて、
すぐに登録はしたものの数日間放置…
さぁ、どうしたものか…と、昨夜子どもたちがテレビを見ている間に、
いろいろなところをクリックし、研究し始めた。
おぉ、こうやって検索すると知り合いにヒットするのかもしれないな・・・と、
(以前からmixiをやっていると聞かされている友人が何人か…)
面白半分でまたもやいろいろと操作…
私の知り合いのハンドルネームは彼の娘の名前…
後で気づいたが、検索条件の居住地の設定がちょっと違っていたようで、
というか、別の市内を検索するつもりが、そうなってはいなかったのかも?
よくある名前なので、たくさんヒットしました。
結論から言うと…その中に、これは彼の娘の○○ちゃん?
と思うようなものが…
思わず詳細を見るというボタンをクリックしてしまった。
表示されたプロフィールにはとても詳しく書かれていて、
これは間違いない、○○ちゃんだ。
大学生だもん、そりゃやってるよなぁ…。
日記も書いてあったようだけれど、さすがに開くことは出来ずにすぐに閉じた。
そして今度はとっても後悔。
どうしてこのページを開いちゃったんだろう…
これを開いたってことは足あとが残ってしまうのだろうなぁと。

彼と彼の娘はとても仲良しです。
時々話を聞いていると、嫉妬しちゃうほど。
彼の奥さんが亡くなったのは彼女がまだ小学生だった頃。
それからずっと一生懸命家事を手伝ってきた○○ちゃん。
彼の子どもは、その娘とふたつ下の男の子のふたり。
ふたりとも家の手伝いも良くするし…
反抗期なんてなかったんだろうなぁと思うほど、親子の仲がいい。
時々…
彼と付き合っている中で、ものすごく心配になることがあって…
彼らは本当に私とお父さんのお付き合いを認めてくれているのだろうか。
月に一度…多いときは二度…
家を留守にして、女のところへ通うお父さん。
私、○○くんの子どもたちに恨まれるのいやだなぁ…。
そう何度かつぶやいたことがある。
彼は、それは俺がちゃんとするから大丈夫って。
もうちゃんと分かってくれていると思うよって。
でも、本当にそうなんだろうか。
面白くないと思うこともあるのじゃないだろうか。

どうなんだろう…

そんなこんなで…

彼の娘が足跡をたどって私のページを開いたとして・・・
といっても、まだまだ登録したばかりで、
プロフィールがちょこっと載っているだけ。
けれど、そのプロフィールだけで彼の娘には私だということがわかるだろう。
しかもそこでのハンドルネームも「あず」だ。
一生懸命頑張れば、エキサイトのここにもたどりついてしまうこともあるのかも。
複雑な心境です。
簡単に彼女のページを開いてしまった自分にひどく後悔している私です。

追伸

by azu-asu | 2007-07-27 06:10 | 日記

ペットセラピー

愛犬との生活が昨日で終わりました。
実家の両親が旅行から戻り、土曜日から預かっていたチーズと一緒に、
昨夜9時頃、帰って行きました。

子どもたちはとても楽しかったようで、
涙ながらにお見送りをしました。

我が家は公営住宅で、本来はペットを飼うことは許されていないのですが、
ま、3、4日くらいはかまわないだろうということで、預かっていました。
我が家のチーズはミニュチュアダックスフントですが・・・
これがまたとっても太っていて・・・
まさにお腹が地面につきそうな感じです。
首の後ろには、皮がたるんでいて・・・
近所の子どもに、ボブサップの後姿みたい・・・といわれる始末。
それでもまったく吠えることもせず、子どもたちが寄ってたかって撫で回しても、
うっとりした表情で、横になっていたりして。
おかげで、団地中の子どもたちの人気者になってしまいました。
日曜日は、近所の子まで連れて、近くの大きな公園へ行き、
みんなでお散歩をしてきたり。
それはそれは楽しく過ごしました。

その存在だけで、気持ちがおだやかになるものなんだなぁと実感。
ペットセラピーなんて言葉があるくらいだからね。

いやぁ、私はちょっと忙しなかったけれど、
子どもたちは本当に楽しかったようで、何よりでした。

by azu-asu | 2007-07-25 05:44 | 日記

来訪者

今日から4日間、家族が増えます。

実家の両親が北海道旅行で留守になるため、
愛犬・ちーずを預かることになっています。
午前9時には到着予定。
子どもたちはちーずが大好きなので、それはそれは楽しみにしていますが、
私はちょっと気が重いです。
いたずらな犬のため、
いつも散らかり放題の我が家をきれいにしておかなければならないからです。
今から必死にお掃除の予定。

そして、夜には彼が来てくれることになりました。
いつもデートは、遅くとも一週間前にはわかっていて・・・
あと何日だね・・・って言いながら過ごしていたのに、
昨日は突然、明日行けるかも!というメールが届いてびっくり。
まぁ、彼が突然来て困ることは何一つないので・・・
いつでも大歓迎です。

そんなわけで・・・
この週末は大賑わいになりそうです。

さて。

気合を入れて・・・お掃除に励みます!

by azu-asu | 2007-07-21 06:52 | 日記

彼のお誕生日

今日は彼の44歳のお誕生日。

いつまでも若くて元気な彼でいて欲しいです。

彼は心臓に持病を持っているので、健康だけが心配です。

一緒に生活できるようになって・・・

一緒にお誕生日を過ごせるようになるのはまだ先だろうけれど・・・

早くそんな日が来るといいなぁと・・・

改めてそう思ったりします。

ずっとずっと・・・いくつになっても、

仲の良いふたりでいようね、だーりん♪

by azu-asu | 2007-07-19 23:24 | 恋する私

あの頃・・・

離婚してまもなくの頃・・・
毎日のように閲覧していたサイトがありました。

離婚をしてとにかく前を向いて生きなければ、と必死だった頃。

私よりちょっぴり先輩であるその人は、やはり離婚をされていて、
けれどとても前向きに生きている人でした。
その人のまわりには、素敵なお友達もたくさんいて・・・
掲示板で交わされている会話をとても羨ましく眺めていました。
なんとなくその中へ入る勇気はなくて・・・
いつも読み逃げばかりでした。

そして、私も自分の生活にある程度自信が持てるようになり・・・
素敵な彼とも知り合えて・・・
子どもたちも成長して・・・
いつしかそのサイトを開くことがなくなり・・・
数年が経過してしまいました。

けれど、なぜか突然思い出され、
数日前にそのサイトを久しぶりに開きました。
彼女のブログを少し時間をかけて読みました。
あの頃と変わらない様子が描かれていて、とても安心しました。
そして、遠い世界にいるような気がしていたその人と、
もしかしたらあそこですれ違っていたかもしれない・・・などと思うほど、
その人は私の生活圏にたびたび姿を現していることがわかり・・・
いつか、あの温泉はいいよね・・・いや、こっちもお勧めよ♪などと、
会話が出来ることを夢見つつ・・・

あの頃元気をもらったその人に感謝すると同時に
私も彼女のように素敵な女性になれますように♪

by azu-asu | 2007-07-17 23:42 | 日記

地震

新潟でまた地震がありましたね。
我が家のあたりも相当揺れました。
鉄筋コンクリート造りでこの揺れだと、
木造だったらたいそうな揺れなのだろうなぁ・・・と思って、
テレビの地震速報をみてみると、
このあたりは震度3か4か・・・というところだったようです。
子どもたちも最初は、え?地震?ホント?
などと半分喜んでいるような顔していたけれど、
次第に真顔になってしまうほどでした。
長く感じました。

大変な様子みたいで・・・

被災地がテレビに映し出されるたびに心が痛みます。

ここのところ・・・
大雨に台風もそうだけれど・・・
いろんな天災・・・で命を落とされたり、
住む家を失ったり・・・という人たちがたくさんいらして・・・
実際に同じことがわが身に降りかかってきたらと思うと、
なんともいえない気持ちです。


柏崎には思い出がたくさんあります。
今年は子どもたちを連れて海水浴に行こうかと考えていました。
私自身は何をすることもできないので、大きなことは言えませんが・・・

ただただ、お見舞い申し上げます。。。

by azu-asu | 2007-07-16 21:03 | 日記

電話

大学時代の友人から電話がかかってきました。
声も話し方も、当時と何も変わっていなくて、学生時代のまま。
変わったのはお互いに年をとったことだけ。

学生時代、クラスには女性のほうが少なくて、
女同士、自然と仲良くなった。
ゼミも同じだったので、一緒に過ごす時間がとても多かった。
私の元夫のことも良く知っていて、
彼女の結婚式には、元夫と二人で出席した。
時間がたったんだなぁと、つくづく思う。

彼女は商社マンと結婚したので、何度か転勤を繰り返している。
今後もいつ転勤になるかわからない。
東京にいるうちにまた会いたいなぁと、声を聞いて思いました。

お互い二人の子どもの母でもあり、
子育て話で盛り上がりました。
あちらは男の子二人なので、サッカーをやっているそうで、
なかなか週末も忙しいらしいけれど・・・
お互い都合つけて、そして、もう一人仲良くしていた友人を誘って、
是非会おうね!とお約束。
毎年のように同じようなこと言ってるんだけれど・・・
本当に実現させたいなぁ・・・。

それにしても・・・

電話ってすごい。
すぐ近くで話してるみたいだね、ってふたりで笑った。
いまや携帯電話が全盛の時代・・・
時代錯誤かな(笑)

by azu-asu | 2007-07-15 21:44 | お友だち

お母さん

私は、二人の子どものお母さん。
今週は一生懸命お母さんをした。

授業参観が二日間・・・長女は水曜日、二女は今日・・・と別の日にあって・・
火曜日は皮膚科へ行き・・・
今日は歯医者へ行った。
そして木曜日は長女の通級教室。
慌しかったなぁ。

仕事をしていると、何かと気を使ってしまい、
今までは授業だけ見て、仕事へ戻るというパターンが多かったけど、
たまにはお母さんである自分を優先しようと、
今回は思い切って、授業参観とそのあとの学級懇談会と、
しっかりと参加して、仕事場へ戻るということはしなかった。
そして、なんとなく思った。
そのほうが子どもも私も精神のバランスがいいような気がする。
有給休暇というのは、法律で認められている労働者の権利だしね。

お母さんをしっかりすると、お母さん同士の会話が楽しくなる。
小学校の近くの保育園ではなかったから、
もともと知っている人は数少ない。
今回の懇談会で、初めて言葉を交わすことが出来たお母さんもたくさんいる。
長女の学年は4クラス。
二女の学年は5クラス。
市内ではマンモス校のほうだ。
なのに、上の子と下の子が二人とも同じクラスというお母さんが3人。
いつも仲良く遊んでいる1組はもともと知っていたけれど、
あと2組もいたなんてびっくり。

生活していくのに仕事はもちろん大切。
とてもやりがいも感じている。
けれど、私はやっぱりお母さん。
お母さんである自分をもう少し大事にしようと、
改めて思った一週間でした。

by azu-asu | 2007-07-13 20:12 | 母親の私

優しさという海

彼は今日は出張で泊まり。
出張先から電話をくれました。

以前に比べると電話で話す回数も多少は増えたけれど・・・
あまりじっくりと長く話をすることはなくて・・・

けれど、今日は出張先からだったから、いつもよりは長くお話できました。

夏休みに一緒に行こうと、温泉旅館を予約したこと・・・
貸切露天風呂・・・楽しみだね。
あと5年かなぁ・・・一緒に住めるようにしようね。
競売物件でも買うかぁ・・・
・・・
近い将来の話・・・
そして遠い将来の話・・・しながら、思った。
彼と私は、間違いなく、将来・・・そう遠い将来も一緒にいるんだろうな。

思わず、会いたいよ・・・と口走ると・・・
あずちゃんはほんとに俺のことが好きなんだねぇ・・・って。
どうしてそんなに好きになっちゃったんだろうねぇ・・・。
やっぱり、優しいからかぁ!?・・・って。。。

自分で言ってるし・・・(^^;

でもねぇ・・・その通りなんだと思う。
とにかく彼は優しい。
私がいくら甘えても、きちんと応えてくれる。
私のすべてを・・・だめなところも含めてすべてを許してくれる。
私はいつも彼のその大きな懐の中でゆらゆら気持ちよく漂っている。
私にとって、彼よりも優しい人はいない。



彼の声を聞いて、幸せな気持ちの夜。

by azu-asu | 2007-07-12 23:40 | 恋する私