人気ブログランキング |

<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今の私に正直に。。。

ここのところ・・・私の気持ちは、とても安定しています。
といっても、まだまだ考えなくていいことを考えてしまうこともあるのですが、
それでも、私は私・・・と、離婚してここまでの間の自分の歩いてきた道に、
後悔してはいけないと、自信を持とうと、前向きになっている自分がいます。

彼とは、前回のデートでけんか別れみたいになったきり会っていません。
でも、それからも何度も電話をくれたり、相変わらず毎日メールを交わしています。
彼は、もうけんかしたことなんて覚えていないんじゃないのかな(笑)
私はどうかというと、彼のそんなところを半分は諦めつつも、
やっぱりどうしてそうなってしまったのか・・・
原因を忘れてしまっては、同じことを必ず繰り返すと思うから、
やっぱり、きちんとわだかまりのないようにしておきたいと、そう思っています。
でも。。。
きちんと向き合うっていうのは、言うは易し・・・されど・・・
なのですよね。
ただ・・・今後同じようなことがあったときには、私も逃げずに言おう・・・
口を閉ざさずに、どうして私が不機嫌になったのか、その理由をきちんと告げよう・・・
と、強く思っています。
それで彼がどう思うのか・・・どう反論されるのか・・・
でも・・・お互いが思っていることをきちんと伝えられて、
歩み寄れるところは歩み寄ろうっていう姿勢を持たずには、
未来はないような気がするのです。
どちらかが我慢をしたり・・・諦めたり、投げやりになったりするのではなくて、
二人が同じ方向を見て歩いていけるように・・・
笑って・・・手をつないで・・・歩いていけるように・・・
あるいは、その過程で、私たちが例えば違う道を選ぶことがあったとしても、
ふたりが後悔せずに、別々の道を歩いていけるように・・・
やっぱり私は、彼にきちんと思いを伝えていかなくちゃなぁ・・・って。
そんなことを思っています。

明日の夜は彼が1ヶ月半ぶりに訪ねてきます。
きっと・・・
いつものように、私のことをたくさん愛してくれるのだろうと思います。
私は、彼のとなりで安心して、眠りにつくのだろうと思います。



自分の気持ちにいつも正直でいよう・・・

将来を見据えることも必要なのだろうけれど、今の自分を大切にしよう・・・

ここのところの私の揺れ動く気持ちは、それはそれで嘘ではなかったけれど・・・

揺れ動いた気持ちもまた大切にしながら、

「本当」の・・・「本物」の今の自分の気持ちを見つけよう・・・



彼のあったかい胸に抱かれながら、もう一度しっかりと心に刻もうと思っています。

by azu-asu | 2006-09-28 22:43 | 恋する私

週末あれこれ

土曜日
法律事務職員関東甲信越ブロック交流会なるもの自宅からすぐのところで、
開催されたので、出席してきました。
当初は行けるかどうかもわからずに、未定にしていたのだけれど、
母が子守に来てくれるとのことだったので、急遽参加の連絡を入れたのでした。
そのあとには懇親会もあり、こちらも一次会までだけど参加。
法律事務所というのは、特に田舎では、我が事務所のように、
弁護士ひとり、事務員ひとり(ウチはふたりですが・・・)というのが、
けっこう多いので、一人ぼっちの事務員をなくそう・・・ということで、
そもそもは始ったらしいです。
たしかに他の事務所の事務員さんとお話しする機会はなかなかないので、
たとえばうちの事務所の待遇はどうだろうかとか、
スキルアップのために何をしたら良いのかとか・・・
相談する人が外部にいると、違うんですよね。
県外からもたくさんの事務員さんが来ていたのですが、
県内の事務員さんの知り合いも少しずつ増えてきて、私も心強いです。

日曜日
今日は、何ヶ月ぶりかで美容院へ。
これも母が泊まってくれたのでついでに。
たかが美容院なのですが、やっぱり子どもだけ留守番させておくのは心配なので、
母がいるうちに用事を済ませておこうと思い、こちらも急遽決定。
ストレートパーマをかけてきました。
長さはほとんど変えずに・・・。
というのも、今年は下の子の七五三をする予定で、
私もまた何年か振りに着物を着ようかと思っているので、
だったらアップにしたほうがいいよという美容師さんのアドバイスがあったので。
私は自分までセットしてもらうのは大変だから、
ショートでそのまま着物・・・がいいかなともおもったのですが、
長女のときはショートで着物だったので、
今度はアップもいいかな・・・って、すっかりその気にさせられてしまいました。

そんなこんなで・・・
慌しい週末を過ごした次第です。

明日は、交通指導の旗振りからスタートです。

また、一週間、頑張ろうーっと。

by azu-asu | 2006-09-24 23:08 | 日記

風邪を引いたらしい・・・

とうとうやっちまった。

急に秋の気配が訪れたこともあり、
子どもたちが風邪を引かないように・・・と、注意していたのに。

誰よりも先に自分が風邪を引いてしまったらしい。

今回は、久しぶりに鼻水、鼻詰まりがひどい。
声もかなりの鼻声だ。

熱は37度前後の微熱。

一昨日から気配があって・・・
昨日は、お昼休みに内科で診てもらってお薬ももらってきて・・・
家に戻って子どもたちにはお惣菜でご飯を食べさせ、
本当に何もせずに寝た。

そして、今日もお勤めはしっかりしてきたが、
家に戻るとしんどい。

ふ~・・・

いいかげん、おパンツ姿で寝るのはやめたほうがいいかな。

パジャマ・・・着ないとね。

by azu-asu | 2006-09-22 21:28 | 日記

彼に会いたいだけ

ここのところ・・・

彼へメールを打ちながら、何度も同じことを打っては、消す・・・を繰り返し、
結局彼に言いたいことを言えずにいます。

会えない日が続くと・・・考えなくてもいいことを考えたり、
余計なことを考えて、また落ち込んだり。

今・・・

私は、彼と会えない日が続いている今がとても辛いのだけれど、
どうしたらそれをクリアできるのか。

そう・・・

彼と結婚すること。

例えば、私が、彼の元へ行きたいといったとき、
彼はどう答えるのだろう。

彼の思い描いている結婚は、少なくともあと10年以上先のことなんだろうと思う。
けれど・・・
私はとてもじゃないけれど、あと10年、こんな状態でいる自信がないです。

結婚にこだわるつもりはなかったけれど・・・

結果として、私たちが、会いたいときに会えるようになるためには、
「結婚」しかないのであって。

ずっと・・・

こうやって、彼を待ち続ける毎日を、あとどれくらい過ごせるのか・・・
耐えられるのか・・・

そんなことを彼に伝えたら、彼はどう思うのだろう。

返事が怖くて、先に進めない私。

by azu-asu | 2006-09-20 00:45 | 恋する私

ちょっとした贅沢

私の家から徒歩一分・・・
このあたりではちょっと名の知れた珈琲屋さんがあります。
私は、特にこだわりがあるというほどでもないけれど、
珈琲は好きです。

100gで500円。
珈琲の豆を買うのは、私にはささやかな贅沢です。
でも、そんな贅沢もたまにはいいものです。
本当にたまに・・・ですからね。
今日私が選んだのは、「お月見ブレンド」という名のブレンドです。
私は酸味があまり強くないものが好み。
で、この「お月見ブレンド」はそんな私にぴったりの触れ込みでした。
家に戻って、ミルでガリガリ。
この瞬間がたまらなく好きなんですね。
珈琲の香りで部屋中がいっぱいになります。
本当はポットで入れたらもっと美味しいのかもしれないけれど、
あとはコーヒーメーカーにお任せ。
それでもいつもの牛乳プラスインスタントコーヒーとはまるで違うお味。
ミルクもお砂糖も入れずに飲み干しました。
確かに酸味は強くなくて、程よく甘みがあって。
とっても美味しくいただきました。
すぐ近くのケーキ屋さんにも寄ってくれば良かった(^^)

こんなささやかな贅沢だけど、ちょっと素敵なひとときでした。

まだしばらくは美味しい珈琲を飲めそうなので、
素敵なラブストーリーのビデオでも借りてこようかな。
子どもが寝静まったあとにひとりで観るのもいいものです。

いえ、昨日、子どもたちと一緒に「ゲド戦記」を観に行ったのですが、
久しぶりに映画を観たら、大人の映画も観たくなったりしたのですよ。
あ、「ゲド戦記」もなかなか面白かったんですけどね。
子どもにはちょっと難しかったかなぁという感想。

ここのところ・・・映画はもちろん、ビデオすら借りて観ていなかったのです。
自分だけの時間・・・って、今の私にはとても贅沢。
でも、そんな時間を持つことも、自分のために、必要なのかもしれません。

by azu-asu | 2006-09-18 21:16 | 日記

お父さん

子どもたちにとっての「お父さん」は、
やっぱり「お父さん」なのかな・・・。

やはり両親が離婚をしているお友達がいて、
そのお友達のお父さんが、運動会を観に来ていたようです。
長女がそのことに触れ・・・
「○○(自分のこと)もお父さんに来て欲しかったな。」
と言いました。
私は誰のことを指しているのかわからなかったけれど・・・
一呼吸をおいて言いました。
「おじちゃん(彼のこと)じゃないよ。○○ちゃん(元夫のこと)。」

先日、会ったばかり・・・というのもあるのだろうけれど・・・
そうでなくとも・・・会いたい気持ちはあったんだろうな。
ずいぶん前にも言われたことがあったから。
「どうしてパパは会いに来てくれないの?」
離婚していても、パパはパパ。

先日、元夫に会ったとき・・・
何かあったらちゃんと言ってね・・・と、そう言われたんだけれど。
子どもたちが会いたがっている・・・なんて、とても言えないし。
今日もパパに来て欲しかった、とそう言われて・・・
「そうだね、来年の運動会の時には、頼んでみようね。」と、
とりあえずそう言ってみたけれど・・・
さて、どうしたものか。
元夫は、再婚もしているし・・・
そう簡単に来られる距離でもないし。
難しい問題です。

そして・・・
彼は、こんな娘たちの気持ちをどう思うのだろう。

彼は、娘たちを可愛がってくれているし、娘たちもとってもなついている。
彼が訪ねてきてくれたときには、
彼の膝は取り合いだし・・・一緒にお風呂にも入るし・・・
たぶん・・・知らない人がみたら、どこから見ても親子のはずなのに・・・
それでも、子どもたちは彼のことをお父さんだとは思っていない。
本当の子どもたちの気持ち・・・
もしかしたら、私は子どもたちの本心まではちゃんとわかってあげてなかったのかな。

彼にも本当のお父さんになってあげてと、言い切れない私。
元夫にも会いに来て欲しいと、言えない私。

子どもたちはたぶん・・・寂しいのだろうな。

私がとっても寂しいのと同じように・・・

寂しいのだろうな・・・

by azu-asu | 2006-09-17 22:42 | 母親の私

運動会

昨日、無事に運動会が終わりました。

朝起きて、すぐに場所取り。
戻ってお弁当作り。
運動会が始まると、ビデオ撮影。
合間にカメラを持って移動。
私が一番疲れたんじゃないか・・・って思ったりなんかして。

子どもたちは、楽しく運動会を過ごせたようで何より。
特に二女は小学校での最初の運動会。
一生懸命玉入れをしている姿、
笑顔で踊っている姿・・・
そして行進しながら私たちを見つけて、手を振っているところもすべて、
本当に楽しんでいたように思います。
長女も二女も、徒競走の結果はいまひとつ・・・だったけれどね。
まぁ、一番になることが必ずしも重要ではないから、
これでOKです。

来年は、是非、ビデオ撮影要員がひとり欲しいものです。
実家の両親も来てくれていたのだけれど、
どちらも撮影隊としては役に立ちません。

とにかく・・・
子どもたちも楽しんで、私も楽しめたし・・・
良かったです。



ほっとしている母でした。

by azu-asu | 2006-09-17 09:05 | 日記

お天気なんとかなりそうで一安心

明日は子どもたちの小学校の運動会。
2学期制になって、秋休みなんてものができたため、
運動会がちょっと早くなりました。

今週はずっと雨模様で、練習も体育館だったり、大変だったみたいだけど、
今日はようやく雨が上がって・・・
明日もなんとか持ちそうです。

せっかくの運動会だから、予定通りがいいよね。

楽しみ、楽しみ・・・

それにしても・・・
全校ダンスは「青春アミーゴ」
長女の学年のダンスは「チャンピオーネ」だそう。
いまどきの学校って・・・こうなんだね。

そういえば、私は小学校のとき・・・
親子で踊るダンスが森昌子の「お母さん」でした。
時代は変わったものだ(笑)

by azu-asu | 2006-09-15 23:59 | 日記

マウスtoマウス

私って・・・キス魔なのかもしれません。

職場で・・・何の気なしにした会話の中で、
とてもカルチャーショックを受けてしまいました。
というか・・・受けられてしまいました。

みなさん、お子さんとキスしません?
私は、未だ毎日子どもたちとキスをしています。
もちろんほっぺだったりすることもあるけれど、
普通にマウスtoマウスでやっています。
子どもたちが起きてきたとき・・・
「おはようのチュウは?」というと、
ちゃーんとお口にキスしてくれます。
私も子どもを抱っこしたときなど、普通にキスしています。

で・・・職場の同僚・・・
生まれたときから一度もお口にはしたことがないそう。
え?って思ってしまった私が異常だったのかしらん・・・
彼と毎日出来ないから、子どもで欲求不満を解消してるな・・・
なんて、言われてしまう始末。

確かに私はキスが好き。
彼とも所かまわず、何度も何度もキスをします。
そう・・・目が合えばキス・・・って感じです。

えー・・・でも・・・・
本当にみなさん、お子さんとキスしません?
どなたか教えてください!

私が異常なの?

子どもに将来恨まれるかしらん・・・
「私のファーストキスはママ」
う~ん・・・確かに恨まれそうな気も・・・

by azu-asu | 2006-09-14 22:28

長女(場面緘黙児)のこのごろ

今日は夏休み明け最初の通級教室でした。
長女は、通級教室が楽しくて仕方がないらしく、
数日前から楽しみにしていました。

そして今日・・・
とっても楽しみに出かけたところ・・・

担当の先生から思いがけない言葉。
長女はちょっとショックのようでした。

でも、母親の私にはとても嬉しいお話。

そう・・・夏休み中、
小学校の担任の先生と、通級教室の担当の先生との懇談があり、
学校での様子、通級教室での様子をそれぞれ話し合ったところ、
これから通級の回数を減らしてもいいのでは・・・ということになったそう。
学校でも、通級教室でも、確かにずいぶんと表情が変わってきました。
「声を出さない」だけで授業にもきちんと参加し、理解をしている。
「声を出さない」けれど、友達と仲良く遊んでいる。
「声が出ない」だけで、あとは、何の問題もないわけです。

考えようによっては、「声が出ない」というのは、とても重大な問題だとも思うのです。
けれど・・・どうなんだろう・・・。
「声が出なくとも」本人が不自由をしていなければ、それでもいいのかもしれない。
今、長女は、以前のように、
あれが困る、これが困る・・・と、私に訴える事はほとんどなくなりました。
忘れ物をしたり、困ったことがあっても、
どう対処したらよいかという術を心得たのです。
もちろん、これからも困ったことや問題にぶち当たるときがあると思うけれど、
それはその時々でまたどうしたらよいかと本人が考えるだろうし、
あるいは、助けて欲しいとサインを出してくるのかもしれません。
でもそれはそのときに助けてあげればいいわけで。

通級教室、最初は1週間に1度でした。
4年生になって2週間に1度になり、そして、今日、
これからは月に1度にしてみましょうということになりました。
長女はちょっと残念そうだったけれど、基本はやっぱり学校だから。
通級教室が楽しいのはわかるけれど、
学校でも同じような気持ちで、楽しくて、安心して過ごせるようになってほしいから。

ゆっくりのんびり・・・だけど、少しずつ前進している。

この調子で・・・ゆっくりのんびり・・・。

そして、いつか・・・長女がお友達と声を出して笑っている姿を見られるかな・・・

そんなことをついつい期待してしまう私でした。

あ、でも期待を押し付けないように、注意しないとね(^^)

by azu-asu | 2006-09-12 22:51 | 母親の私