人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

運動会

夏休みが終わったと思ったら、もう運動会です。
わが市は、2学期制のため、夏休み明けが早くなり、
同時に運動会の時期も早くなりました。
今年は、9月16日に予定されています。
ってことで、ふたりとも、ここのところ運動会の練習三昧。
二女にとっては、小学校初めての運動会。
保育園の運動会と違って、出番は少ないかもしれないけれど、
一生懸命頑張って欲しいものです。

運動会って・・・なぜか親も楽しみなんですよね。
これも小学生のうちなんでしょうけど。

by azu-asu | 2006-08-31 20:47 | 母親の私

きれいになろう

約7年ぶりの元夫との再会。
彼の第一声は、「変わってないなぁ・・・」でした。
私は、変わってないのかな。
ううん・・・とっても変わったはず。
肌の色艶に始まり、しまりのない二の腕・・・
彼が目にすることの出来る部分だけでも、確実に変わっているはず。
確かに・・・彼は、私がこの7年間、
泣きながら子育てをしてきた姿は知らないし、
イライラしたり、子どもを怒鳴ったりしている姿は目にしていない。
今、目の前にいるのは、元夫やその両親の前で、ちょっと緊張して微笑む私だ。

当時のいろいろなことが蘇ってきて、私は、さまざまな思いを巡らす。
そして、同時にこれからの先のことを想像する。

子どもたちが大きくなって・・・私の手を離れたとき・・・
私はどんな女性になっているのだろう。
となりにいるのは誰だろう。

あと10年後、もう一度彼と会ったときに、「変わってないなぁ」と、
同じように言われたい。

例えば、彼の見えないところで、どんなに苦労したとしても。

これは、私の中の可愛くない「意地」かもしれない。

お互いほとんど一目ぼれのような状態だった私と元夫。
彼の中で、私はいつまでも可愛い女性でありたいと、
あまり意味のないことを考えている。
すでに一度は、彼の中で「可愛くない女」になったであろう私が、
それでも、最後の最後・・・やっぱりきれいな・・・可愛い女性だったと、
そう思われたい。




本当に馬鹿な女だ、私ってば。

by azu-asu | 2006-08-30 21:19 | 元夫

恋人探し

恋人探しって・・・普通は探して見つかるもんでもないのかもい知れないけれど・・・
難しいなぁって思います。

私は、基本的にちゃんとお付き合いしたのは、恥ずかしながら、
元夫と、今の彼だけです。

なぜか・・・近くに住む人とは縁がないのですね。

元夫も・・・知り合ったのは、東京だったから、
そのときは、それぞれの出身地が離れていることなんて苦にならなかったし。
気に留めることもなかったのにな。

今の彼もそう・・・
知り合ったときには、私は、こんな関係になることなんて想像もしなかったくらい、
遠いところにいる人・・・でした。

今頃になっていろいろと思うんですね。

会いたいときに会えない・・・
声が聞きたくとも聞けない・・・
こちらから訪ねていくこともできない・・・
ただ待っているだけの今の関係が、段々と苦痛になってきています。

もっと近くに、私を受け止めてくれる人がいてくれてもいいような・・・?
ひとりくらいいるんじゃないの?
ねぇ、ねぇ・・・って感じです。

けどなかなかどうして・・・簡単に恋愛相手は見つかりません。

誰かに思い切り、さらわれたい気分。

あっちへの思いもこっちへの思いも全部ふっきらせてくれるような、
白馬の王子(今は、ハンカチ王子ですか)・・・
どっかにいないかなぁ。

ちょっと投げやりなあずでした。

ふう・・・いや、私って、ホントのところ、たいした女じゃないので、
いい加減なことを言うのもここでは許してもらおう・・・っと。

by azu-asu | 2006-08-28 23:52 | 恋する私

初めての面会を終えて

離婚して・・・子どもたちは、パパと遠く離れて、およそ7年ぶりの再会でした。

とりあえず・・・

無事に終わってよかったです。

元夫も・・・思ったよりも回復が早くて、元気でした。
もちろん・・・14時間にも及ぶ手術を終えたばかりだし、
ずっと病院のベッドの上だったわけで、体力は落ちているのだろうし、
いろんなことを考えたら、ただ元気と言うわけにもいかないのだろうけれど。
それでも、子どもたちのために、外泊許可をとってくれたほどです。

子どもたちも・・・おじいちゃんおばあちゃんや、何よりもパパと会えるのを、
とても楽しみにしていたので、本当に良かったです。
みんなが喜んでくれたので、頑張って長距離ドライブをした甲斐がありました。
4時間くらいかなぁと思っていたのですが、渋滞と言うほどでもないのですが、
ノロノロ運転になってしまったところもあり、結局5時間近く運転したかな。
休憩時間を入れると、到着までに6時間以上かかってしまいました。
でも、ひとりでもなんとか行けるんだなってわかったので、それは収穫です。

More

by azu-asu | 2006-08-27 23:53 | 日記

明日はお出かけ

今日も暑かったです。
まだまだ残暑が厳しいです。

私の住むところは、29日から新学期なので、夏休みもあと3日。
宿題はまだ全部終わってません。
なのに、明日はお出かけです。
元夫のところへ行ってきます。

ギリギリまで行こうかどうかと悩んだけれど、
子どもたちも行きたいと言うので、結局行くことにしました。
元夫も、順調に回復しているので、外泊許可をもらったそうです。
病院を訪ねるのではないので、ゆっくりと会えそうです。
下の子がまだお腹にいるときに飛び出した家。
ちょうど7月の終わりの暑いときでした。
もう7年も前の話です。

実家の母に、そこを訪ねることを報告したら・・・
なんとなく面白くないふうでした。
それは、先日、今までもらっていた養育費の件で、
私はもういらない、というようなことをもらしたからかもしれません。
確かに、これから私に何があるかわからないのに、
こちらからもういらない、と敢えて言う必要もないのだろうと思います。
けれど・・・
私は、本当にそう思っているので、母の気持ちもわかるけれど、
私は私の思いにしたがって、行動したいなと思っています。
まぁ、明日その話をすると決まったわけでもなし・・・
状況をみながら、元夫の体調を考えながら、いつかゆっくりと相談できたらと思ってます。

とりあえず・・・

明日はおよそ4時間の長距離ドライブ。
高速道路だから、単調な運転だし・・・大丈夫だと思うけれど。
睡魔には気をつけないとね。

そうそう。
お出かけの前に、朝の7時から小学校の校庭整備(草むしり)です。
これも出席しないとならないし・・・
何かと忙しいです、はい。

by azu-asu | 2006-08-25 22:02 | 日記

夏バテ

ここのところ、体調が良くありません。

初めて、夏バテしたのかも?と感じています。
夏バテとは無縁だったというか・・・
鈍感だったのか・・・
夏バテしたことなんかなかったように思うのですが・・・

寝込むほどでも、仕事を休むほどでもないけれど、
微熱が続いています。
冷房かけて、寝ちゃってることもあるので、風邪引いちゃったのかもしれないですね。



そうそう。

これも無縁です「夏痩せ」

これは是非経験してみたいです。



体調悪いのに、こんな真夜中にパソコンに向かってる場合じゃないですね。
いえ、さっきまで子どもと一緒にウトウトと寝てしまっていたのです。
そのまま朝を迎えると、大変なので、起きてきました。
最低限のことだけやってしまってから、本格的に寝るとします。

by azu-asu | 2006-08-24 02:05 | 日記

私が不機嫌になった理由

原因は、予定の変更を彼から告げられなかったこと。

というか・・・彼は私と約束していたことを覚えていたのかどうかも疑問だけれど。

彼が会いに来てくれて・・・
幸せな時間をたくさん過ごしたのに・・・
最後の最後に・・・
「明日はお昼頃子どもを迎えに行って、夜、駅まで送るからね」
と、一緒にお風呂に入ったときに確認した。
すると彼は、それまでの笑顔から一変して・・・真面目な顔をして、
「もう少し早く帰りたい」と言い出した。
「(自分の)子どもたちと一緒にご飯を食べる約束をしたから」と。
私は事前に彼に自分の予定を告げて、
彼は「OK。子どもたちの顔を見てから帰るよ」と言ってくれて。
すっかり了解してもらったものだと思っていた。

いや、いくら大人になっているといっても、彼にも子どもがいるわけで、
子どもとの時間を持ちたいと言うのもわかる。
決して、そこを責めるつもりはないのだけれど・・・

ならば、予定を変更して、もう少し早く帰りたいんだけど・・・って、
どうして言ってくれなかったんだろう。
私があの場面で確認しなかったら、いつ言ってくれたんだろう。
私は何も彼からなかったから、当然、予定通りでいいのだと思っていたし、
実家の母や子どもたちにもそう説明していた。

いつだってそう。
彼は、私との約束を覚えていない。
今回は、覚えていなかったのか・・・
はたまた、私のことを気遣って言い出せなかったのか・・・。
言えない雰囲気を私が醸し出していたのかな。
怖いのかな(笑)
実は過去にも同じことがあって・・・
そのときは、彼は、私に嘘をついた。
けれど・・・嘘をつかれたほうが傷つくわけで・・・
彼はもうそういうことはしないと言ってくれていた。

結果として・・・
彼と少しでも長く一緒に過ごしたいと思っている私は、
彼が早く帰るといえば、寂しいと感じるのは間違いない。
でも・・・少なくとも、予定を変更しようと思うのなら、
彼のほうから、こんな理由で、早く帰りたい、と、
説明をするべきだと思うんだけどな。

そんなことがあって・・・
ちょっと不機嫌になった私。

それからの空気はものすごく気まずいものだった。



翌日・・・

いよいよ彼を駅に送ろうって時にも・・・

彼は私にキスさえしてくれなかった。

玄関の鍵をかけて、振り向いた瞬間に・・・
思わず彼に文句を言ってしまった。

「どうして、帰っちゃうのに、チュウもしてくれないの!」

泣き叫ぶ私を彼は、言葉少なに抱き寄せた。
けれど・・・唇が触れるかどうかのキスをしてくれただけで、
私の気持ちは何も晴れなかった。
涙が止まらないのに、彼は、もう一度部屋へ戻って話そう、とも言ってくれなかったし、
早く帰りたい、この雰囲気から脱したいと言う気持ちが見て取れた。

駅に向かう車の中でも、当たり障りのない会話をしようとする彼。

駅についても、またね・・・といって、黙って降りていった彼。

私は彼の姿が見えなくなっても、しばらく車を発進できなかった。
おまけに酔っ払いに絡まれた。
車の中だったから良かったようなものの・・・
不機嫌な私の苛立ちはより一層激しくなった。



確かに私から、ちゃんと話そうって言えばいいのかもしれない。



でもちがうんだな。
彼からただ、よしよし・・・って・・・して欲しいんだな、そんなときは。



こんなわがままな私はもうすぐ捨てられちゃうのかもしれない。

by azu-asu | 2006-08-22 23:51 | 恋する私

お盆休み

私の仕事のお休みは、今回は14、15日のみ。
土曜日は二女の歯医者さんを予約していたし、
まだ残っているたくさんの宿題を何とかするために、
日曜日に実家へ帰ることに。
で、とりあえず少しでもと、宿題のポスター描きの下書きを完成させ、
それから帰りました。

いやぁ・・・
実家のほうは涼しいです。
そりゃ日中など、エアコンを稼動させることもなくはないですが、
基本的には窓を開けて、扇風機をつけておけば十分。
いつもの生活が嘘のようでした。

14日は車で45分ほどのラベンダーパークへ。
ここは去年も行きました。
手軽に行けるし、子どもたちはリフトに乗れるのが嬉しいし、
お山の上は涼しいし。
ここは揚げたてのドーナツと石窯で焼くピザが美味しくて、
当然今年もいただきました。
あ、そうそう!
もちろんラベンダーもとてもきれいでした(^^)

15日は近くの川原へ。
ほんとにただの川原なのですが、
駐車場には品川、横浜などいろいろな県外ナンバーがいっぱい。
バーベキューをしていたり、キャンプしている人も。
ウチはご近所さんなので、思い切り軽装で行ったのですが、
来年はバーベキューもいいかもねぇ。
私が小さな頃は、カジカやめだかなどの魚もたくさんいたので、
網を一応持っていったんですが・・・
いたのは「おたまじゃくし」だけでした。
それでも都会から来た子どもたちは、
ウチの子らが捕まえたおたまじゃくしを興味深げに眺めていたり。
お金はまったくかからないけれど、
子どもたちは全身びしょ濡れになって楽しんでいました。
帰省する際に、今回はプールや海にはいけないからと、
必ず持っている水着を持たなかったのです。
川原へ遊びに行くときも、ま、ちょっと遊ぶ程度だからと、
着替えすら持たずに出かけたので、
帰りは駐車場ですっぽんぽんになり、バスタオルを巻いて、
家まで戻った我が子たちでした。

そうそう。
夜はカブトムシを捕まえるぞ!と張り切ってとある場所へ。
そこも県外ナンバーの車がたくさん!
実家は温泉町なので、県外からのお客さんもたくさんいて、
たぶん宿の人があそこへ行けばカブトムシが捕れるよと、教えてくれるのでしょうね。
結局大物はゲットできませんでしたが、
小さなクワガタを6匹捕まえてきました。

そのあとは、二人の子どもを実家へ託して、
私だけ一足早く自宅へ戻ったのでした。

by azu-asu | 2006-08-20 18:26 | 母親の私

不安定な私の心

彼と数日間を過ごして・・・幸せなはずだったのに。

最後には、なんとなく気まずくなって・・・

涙で彼を送りました。





駄目だなぁ・・・私。




本当に・・・ほんとうに・・・


私と彼はこのままでいいのかどうか・・・


お互いにお互いをつらくしているのなら、解消するのもひとつの方法だよね。

by azu-asu | 2006-08-20 05:12 | 恋する私

まだまだ夏

暑いですねぇ・・・

日曜日、実家へ帰り、とっても涼しく過ごしていたのに、
また灼熱の夏に戻った感じです。

昨夜遅くに一人で帰ってきました。
子どもたちは、もうしばらく実家でおじいちゃん、おばあちゃんと、愛犬と、
楽しく過ごしてくることでしょう。

で、私も、今夜から彼が来てくれるので、
しばし恋人気分で幸せなときを過ごしたいと思っています。

by azu-asu | 2006-08-16 06:49 | 日記