人気ブログランキング |

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大晦日

慌ただしいのと、パソコンの調子が悪いのとで、
12月は思うように更新が出来ませんでした。

今は実家で紅白を見つつのんびりしています。
温泉にも入ってきました。

こんなささやかな幸せを大切に、また新しい年も笑顔で過ごせたら何よりです。

みなさんも…良いお年を(^^)

by azu-asu | 2005-12-31 21:25

クリスマス

今年も無事にサンタクロースの役目を果たすことができました。

我が家の長女は小学校3年生・・・そろそろサンタの正体を知ってもいい頃。
けれど、年長児の二女と一緒になってサンタにお願いをしてみたり、
寝る前にはベッドのわきに長靴をセットして。
話を聞いていると・・・見事に信じているのですよ(^^)
職場でそんな話をしたら、「信じているフリをしているだけなんじゃないの?」
なんて冷たく言われてしまったのですが・・・
とんでもないっ!
毎日の会話を全部聞かせてあげたいくらいです。
でも、同僚とは何となく気が合わない部分もあったりするので、
話もそこそこに・・・
と、本題からはずれてしまったけれど、
とにかくサンタさんの存在を信じて疑わない我が子らのために、
ささやかなプレゼントを準備して隠しておきました。
で、イブの夜・・・子どもたちが寝静まってから、
用意してあった長靴の中へプレゼントを偲ばせました。
長靴の中にはサンタさんへのお手紙も入っていました。
そのお手紙をそっと抜き取ることも忘れません。

翌朝・・・やっぱり大喜びで起きてきて・・・

どこから入ってきたんだろう・・・に始まったんですが・・・
当然賃貸マンションの我が家に煙突なんてあるはずもなく・・・
家中の窓の鍵をチェックすると・・・
たまたまひとつ開いていたのですよ・・・鍵が。
「ここからはいってきたんだよ!」と大騒ぎ。
プレゼントの包装紙に地元のデパートの名前があったにもかかわらず・・・
サンタさんもいろんなところでプレゼントを買うんだね!なんて。
それぞれお願いしていたおもちゃではなくて、
私が用意した実用品ではありましたが、とりあえず喜んでいたので一安心。
一年生になる二女には筆箱と鉛筆などなど。
長女にはお出かけのときに使えるようにとショルダーバック。
それぞれ大好きなサンリオのキャラクター・シナモンで揃えました。

  サンタさん・・・また来年も来てくれるかなぁ・・・

  いい子にしていれば来てくれるよ・・・

そんな会話が来年もまたできるのかな・・・
もしかしたら今年で最後かもしれないなぁ・・・なんて思ったり。
それもちょっと寂しいですね。

by azu-asu | 2005-12-25 20:05 | 日記

人のあったかさ

寒い日が続いています。

けれど、どんなに寒い日でも、あったかい人に触れると、
気持ちもほんわかします。

今日は、以前の職場にいたときにお世話になった人が、
事務所を訪ねてきてくれました。

弁護士共々、懐かしくて、そして変わらないあったかい人柄に、
心から嬉しく思いました。

変わらない大きな声で・・・
「こんにちわ~!」とドアを開けたもう一方の手には、
長靴が!
そう・・・この時期だからこそ・・・の、
お菓子のたくさん入ったブーツです。
子どもたちにと、まるでサンタクロースのようでした。

一緒にランチを食べながら、いろんな話をしました。

彼は、5年前に自己破産をしています。
それまでにはいろんなことがあったかと思うけれど、
人間って・・・一度どん底を経験すると、強いです。
破産後・・・勤めた会社が運悪く倒産。
けれど、次の勤め先で頑張りを認められ、
今では課長さんです。
そして、何より驚いたのは、破産後の5年間で、
なんと1200万円も貯金ができたそうです。
文字通り一文無しからです。
もう死ぬしかないと思っていたという5年前。
それでも死んだらダメだと頑張った結果です。

決して天狗になっているわけでなく・・・

強く優しいそのおじさんに・・・久し振りに会えて・・・
私も頑張らなくちゃ!と思った今日でした。

まだ結婚しないのかぁ・・・なんてことも言われてしまいました(^^;

by azu-asu | 2005-12-20 23:48 | 日記

彼のぬくもり

金曜日の夜・・・彼が来てくれました。
ここのところ仕事で忙しくしていて、休む暇もないのに。

彼はウチへ来て、安らいでくれてるのだろうか。

用事を一緒に済ませたり、子どもと一緒に公園で遊んだり。
横になってテレビを見ているときでさえ、
二人の娘が彼の身体にもたれかかっていて。

ふと、彼の健康が気になってしまったりもします。


それでも・・・

彼に会いたい気持ちは抑えられないし・・・
好きだというただそれだけの思いをぶつけたいし、感じたい。


そして・・・

彼のぬくもりの中で微笑む私。
私が頑張れるのは、このぬくもりがあるからなんだろうなぁ。
会えない日が続いても・・・
寂しいと思う日があったとしても・・・
愛されているという自信が私の勇気です。

このぬくもりがある限り、私はきっと大丈夫。

明日も笑って、頑張ろう(^^)

by azu-asu | 2005-12-18 23:33

いよいよ本番・・・

とうとう我が家の娘たちも熱を出しちゃいました(>_<)
水曜日・・・保育園へ迎えにいくと、先生から・・・
「今日の○○ちゃんは動きが悪くてね。
疲れてるのだから、もっと早く寝かせてあげて」
等々、言われて落ちこんで家に戻ると・・・
なんと39度2分の熱。
そりゃ動きも悪くなるよ・・・先生、気づいてよ!って感じ。
ここのところ担任の先生の調子が悪く、ずっと変わりの先生が入っていた。
変わり・・・といってもベテランの先生だ。
まぁ、先生も年長児を慌ただしくみているわけだから、
責めるつもりもないけれど。
とにかくそんなわけで、水曜日の夜から熱を出し、
木曜日の朝、実家から母に来てもらって、
木曜日、金曜日と2日間お休みをしました。
そして、土曜日・・・保育園の大掃除と餅つき大会には出席。
二女は元気に楽しみました。
実家の母も安心して、戻りました。

ところがその夜・・・

今度はお姉ちゃん・・・
寒い・・・
熱を測ると38度5分・・・
今朝は39度5分まであがりました。
お姉ちゃんは、3年生になってから1度も学校を休んでいないので、
本人はなんとしても休みたくない様子。
今もベッドで寝ています。
起きてみて・・・まだ熱が高いようだったら、
当番医へいってこようと思います。
二女は違ったけれど・・・
万が一インフルエンザだったら大変ですしね。

これからのシーズン・・・

子どもの風邪やその他・・・病気との戦いです。
予防に勝るものはないんだろうけど・・・
集団生活をしている子どもたちは、
いくら予防しても難しいのかもしれないですしね。


働く母の・・・

母子家庭の一番弱いところです。


でも・・・子どもが一番大切。
そこは忘れないようにしたいと思います。



お姉ちゃんが寝ていてつまらない二女と、
お店屋さんごっこをして遊びました。
いやいやでなく・・・のりのりで遊ぶと
なかなか面白いものです(^^)

by azu-asu | 2005-12-11 12:41 | 母親の私

幸せになろう!

離婚が成立した依頼者が和解調書を受け取りにきました。
以前、ここで取り上げたフィリピン国籍の彼女です。
今後の手続きの説明をして、これから頑張ってね・・・と。
彼女も・・・
「これから頑張らなくちゃ・・・」と立ちあがり、弁護士に抱きついたのです。
抑え切れない様々な思いが涙になりました。
「何かあったら、またいつでもおいで」
彼女のこれからは前途多難で・・・不安でいっぱいなはず。
そして、ずっと彼女の事件を担当していた私も、涙がこらえきれなくなりました。
「あずさん、ありがとう。。。」
彼女と抱き合いながら・・・かけるべき言葉を探したけれど、
「大丈夫よ・・・」そういうのが精一杯でした。

置いてきたふたりの子どもの親権を諦める変わりに面接は定期的に行うことを、
和解調書に盛り込みました。
これまでの別居期間中、周囲の大人から、言い含められていた子どもたちは、
何度面接を申し入れても、会いたくないと繰り返しました。
初めての面接は18日です。
子どもたちとの関係修復は、彼女自身がしていくしかないわけで、
弁護士でもそこはどうすることもできない。
きっと大丈夫・・・
だって、親子なんだから・・・そう信じるしかない。

経済的にも困窮している状態は続いています。
生活保護も色々な状況から諦めざるをえない状況でした。
この先も・・・生活はラクにはならないでしょう。
けれど、やっていくしかないわけで・・・



仕事に私情を挟むのはどうかとも思うけれど・・・
これまで何十件もの離婚事件に携わってきたけれど・・・

彼女には、何があっても幸せになって欲しいと願って止みません。



これからは、仕事としてではなくて・・・
同じ女性として・・・
離婚を経験したものとして・・・
そして、友達として・・・

彼女をずっとずっと応援していきたいと思っています。

by azu-asu | 2005-12-08 22:35 | お仕事

初夜からおばあちゃんになるまで

文字通り・・・
私と彼の初めての夜は、今でも私の中で素敵な思い出となっています。
そのときのドキドキや・・・彼の発した言葉のひとつひとつ・・・
すべてをきちんと覚えています。

おいで・・・と、自分のお布団をめくって私のことを招き入れてくれました。
抱きしめられただけで、私の身体から熱い分泌液が湧いてきました。
キスをされただけで全身の力が入らなくなっていました。
彼の手が下着にかかったときには、思わず・・・恥ずかしい・・・と、
そう言葉が出たけれど、そのときも彼は、恥ずかしくなんてないよ・・・って、
そう言いながらとても優しく私を裸にしていくのでした。
そして・・・

キレイだ・・・

って・・・そう言ってくれました。




彼は、今も変わらないです。

私を抱いてくれるとき・・・必ず、キレイだなぁって・・・
そう言ってくれます。
決して、キレイだとは思えない体型なのに・・・ね。
タプタプとお肉のついたお腹も・・・
女の子はこのくらいお肉がついてないとダメなんだよ・・・って、
優しくそう言うのです。
こんなに可愛い子の上に自分が乗っかってるなんて信じられない・・・
なんて笑わせてくれたりもします。

そして・・・私は、彼にそんなことを言われ続けて、
すっかりカワイコちゃん気取りです。
もちろん真面目に可愛いと思うほど図々しくはないのですが、
彼の前では、可愛い女の子の私がいます。

このささやかな幸せがいつまでも続くといいなぁって・・・そう思うのです。

初めての夜・・・彼が言ってくれたたくさんの言葉。
それは、今も私の大切な宝物で・・・
そして、彼はきっと、私がおばあちゃんになっても、同じことを言ってくれるような気がします。

おばあちゃんとおじいちゃんになってもセックスしようね!

と、いつも話している私たちは、やっぱりバカップル・・・



でも・・・幸せなんだなぁ・・・

by azu-asu | 2005-12-05 23:53 | 恋する私

大当たり?!

週末・・・慌ただしくも楽しい時間を過ごせたと思ってたのに・・・



なんと、車をぶつけられてしまいました。
長女の卒園した保育園のバザーへ出かけた帰りのこと。
もちろん子どもたちも同乗していたので、ビックリでした。
おかげさまで怪我もなく、事故そのものも大きな事故ではなかったので、幸いでした。

状況は、交差点に差しかかる手前、私は右折車線を走行していました。
相手車両は直進車線から、急に右折車線に車線変更・・・で、
私の車の左側と、相手車両の右側が見事に接触。
交差点の手前で、スピードが出ていなかったのも幸いして、
大事にはならずにすんだのですが、突然のことで、とにかくビックリ。
私は普通に前方を見ていて、気づいたときにはもうぶつかる寸前。
相手の確認ミス・・・だと思っているのですが、
これも、過失割合を多少は認められてしまうのでしょうかね。
年末のお金のかかる時期に、車の修理代なんて勘弁です。
100%相手が悪いっ!と頑張ろうと思います(^^)

子どもたちは、パトカーで駆けつけてくれたお巡りさんに喜んでいましたが、
私は何ともスッキリしない感じでした。

だいたい・・・相手の第一声が・・・
「私も確認しなかったけど、そちらもね・・・」だったのです。
とりあえず謝れよ!と、思ったのですが、
面倒だったので、警察を呼びますから・・・と、
相手にするのはやめました。
ちなみに、50過ぎ?60近く?くらいのおばさん・・・でした。

う~ん・・・腹が立つ・・・プンプンっ!

by azu-asu | 2005-12-04 21:35 | 日記

師走

そう、毎年同じこと・・・

もう12月なんだなぁ・・・と、
最後の1枚になったカレンダーをみると、そう思うのです。

通勤時に車の中で聞いているラジオでは、
今年を振り返る・・・というテーマでトークが繰り広げられていたりします。

私の1年は果たしてどんな1年だったのだろう。

離婚してただがむしゃらに前に進んでた頃ともまた違うし、
かといって、余裕のある1年だったかというとまたそれも違う。

落ち着きたいと願いつつも、慌ただしさが勝る毎日・・・
そんな感じだろうか・・・

それでも母娘3人・・・
なんとか借金もせずに楽しく生活しているし、
仕事もプライベートも安定している。

飛躍はないけれど、それはそれで穏やかな1年だったのかも知れません。

by azu-asu | 2005-12-01 23:20 | 日記