人気ブログランキング |

<   2005年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ゆったりのんびりしたい!

母親業が忙しいです。

昨日は・・・本当にどうってことないことなのだけど・・・
私にとって・・・長女にとって・・・どっこいしょってしないとならない日でした。

数日前にそんなことをチラッと書いたのですが、
3年生になって初めての日直の日だったんですね。
前日は・・・やっぱり涙でした。
どうしたらいいだろうかと考えると涙が溢れるらしく・・・
私の声も届かないくらいでした。

号令をかけるときは・・・
給食の挨拶のときは・・・
帰りの会のときは・・・

いろんなことが頭の中をグルグルと回っていたようで、
私に次々と質問を投げかけるのだけど、
私にはわからないことばかり・・・
どうしてあげることもできません。
けれど・・・
先生がちゃんと考えてくれているから大丈夫だよ・・・
と、ただただ安心させるために話しを続けました。
だんだんと気持ちも落ち着いてきたのか・・・
自分で先生に聞いてみる・・・と最後には自分で解決しようと、
そんな姿勢を見せてくれました。
これまでは、困ったことは何でも私が連絡帳に書いて、
先生に対応をお願いしていました。
けれども今は自分で連絡帳に記入して先生に伝えています。
昨日はさらに、先日の授業参観にできなかったスピーチもすることになっていて。
相当プレッシャーだったようですが、このことも連絡帳に書いておいたようです。

仕事を終えて・・・長女を学童へお迎えに行くと・・・
明るい笑顔です。
日直どうだった?
できたよ!
・・・もちろんできちゃいないんです。
声を出せないわけだから・・・そりゃ号令もかけられないし、
帰りの会の進行もできません。
けれど・・・前に出るときは前に出て・・・
声を出さなくても出来る仕事はちゃんとして。
先生も考えてくれたのだと思います。

家に戻って・・・
連絡帳を見てみると・・・
長女の・・・どうしたらいいですか・・・という必死さが伝わる文章に、
先生は「困ったことがちゃんと聞けてえらいね」そう返事をしてくれていました。
先生のその文章は長女だけでなく、私のこともとても安心させてくれました。
しゃべれない・・・
声が出ない・・・
どうしてなのか分からないけど・・・
おそらく長女だって話したいはずなのに・・・ね。
けれど・・・無理してしゃべろうと思わなくてもいいよ・・・と、私はいつも言っています。
いろんなプレッシャーから解放されたとき・・・
そのときには声もだせるようになるのかな・・・と、追い詰めることはしないようにと、
注意しています。

そして昨夜は学童保育の新旧役員の引継ぎです。
夜7時からだったけれど・・・家に戻ったのは10時半。
お疲れモードです。

で、今日は今日で、保育園のクラス行事でもある親子交流会。
みんなは9時集合だけれど、役員の私は朝8時集合でした。
せっかくのお休み・・・のんびり寝ていたかったけれど、仕方ないです。
みんなで餃子を作って、焼いて、食べてきました。
餃子の皮も手作りです。
子どもたちも楽しそうに生地をこねたり、
皮を丸く伸ばしたり、具を詰めたりしていました。
当然・・・いろんな形の餃子ができあがりましたが、
それはそれでご愛嬌。
とっても美味しく頂きました。
お父ちゃんたちはビールで乾杯しながら。
お母ちゃんたちはたくさんおしゃべりしながら。
こんなふうに親子で一緒に何かをするのもいいものだと思います。
・・・・・そりゃ、ちょっと準備は大変でしたけどね(笑)

帰りにちょっと職場に寄ったこともあり、子どもたちは遅めのお昼寝中。
私もこのあと、一緒にお昼寝しちゃおうと思っています。

ではでは・・・おやすみなさいませ。

by azu-asu | 2005-04-29 15:57 | 母親の私

朝から・・・

いろいろありすぎっ!

今日はどんな一日になるのか・・・

長女よ、頑張ってくるんだぞ!

by azu-asu | 2005-04-28 07:54 | 母親の私

追いこみ!

連休前に片付けたいと思っていた仕事がいくつか整いつつあります。
今日は水曜日。
午後から長女の通級教室のために、2時間ほど仕事を抜けます。
それでも今日と明日とでできるだけのことはやってしまおう・・・
意気込みだけは立派デス(笑)
私ってけっこうできるじゃん!なんて自分で自分のことを誉めまくり、
調子に乗ってたりもします。
でもそうやって意識を高揚させるのも悪くないのかなとも思います。
今の仕事は好きだし・・・他のお仕事をすることなんて考えられないし・・・
あとは自分のレベルを高めることだけです。

今日も一日がんばってこよう!

by azu-asu | 2005-04-27 04:44 | お仕事

ドキドキの1時間

授業参観へ行ってきました。
長女は前の晩にひとしきり泣いていました。
国語の授業で、ひとりずつ前へ出て、スピーチをすることになっていたからです。
それでも、私はどうすることもできないので、
先生がついているから大丈夫よ・・・
と、そう励ますしかありませんでした。
しばらくすると、長女が・・・
先生に自分で聞いてみる・・・
と言いました。
最近は、必要なこと、困ったこと、
いろんなことを先生につたえることができるようになりました。
紙切れに書いたり、連絡帳に書いたりして、先生に伝えます。
昨年の今頃は・・・ただ泣きじゃくっていただけだったでしょうに、
ずいぶんと成長したものだなぁと思いました。
先生は、その都度きちんと対応してくれて、本当に助かります。
結局時間ギレで、全員の発表にはならなかったので、
長女は発表することはなかったのですが・・・。

あともうひとつ心配なのは・・・

実は、昨年の初めての日直の日には、どうしても学校へ行きたくないと、
ずる休みをしました。
もちろん、先生には事情を話し、今回は休ませてくださいと、
そう言われたのですけどね。
2回目はちょっと心配そうだったけど、なんとか学校へ行き、
一緒に日直をするお友達に迷惑を掛けながら、なんとかこなしてきたようですが。
今年ももうすぐ初めての日直が回ってきます。
何事もなく、学校へ行けるといいのですが。

それにしても・・・ドキドキと、緊張しながらの1時間。
母も子も疲れてしまいました(笑)

by azu-asu | 2005-04-26 02:54 | 母親の私

彼の胸

彼が久し振りに会いに来てくれました。
いつものように忙しい合間の、束の間のデートです。
寝に来てるようなものです。
もうちょっとゆっくりと彼とのときを過ごしたいっていうのが本音なんだけど、
なかなか思うようにはいきません。

それでも、彼の隣で過ごせる時間は私にとってこの上ない時間です。
彼の胸に寄りかかり、身体を預ける・・・
彼はこの態勢が好きなのかな・・・ときどきそうやって私を幸せにしてくれます。
背中から抱き締められて、そのまま片手は胸、片手は。。。
お布団に入る前にそれだけで幸せな気持ちになってしまう私です。
それから仲良くお布団に入って・・・
いろんな話しをしてくれました。
今は、バイクの話に夢中です。
以前乗っていた大型のバイクを手放して、大型のスクーターで通勤をしていたのですが、
最近、どうしても大きなバイクが欲しくなり、結局買ってしまった彼。
新しいピカピカのバイクは、通勤には使わず、
休日に自分の時間を楽しむためだけに乗るそうです。
車と1300ccのバイク、250ccのスクーター・・・維持費だけで大変そう。
でも、バイクの話をしているときの彼はとっても楽しそう。
本当に好きなんでしょうね。
いつか・・・一度後ろに乗せてもらおうと思っています、ちょっと恐いけど(笑)
そんな話をしながら、お布団の中でもう1度抱き合って・・・
彼も仕事を終えてから来てくれていたので、
ふたりともあっという間に眠りについてしまいました。
彼のとなりにいるというだけでとても安らいでしまう私は、
見事に熟睡してしまいまいした。
短い時間でも・・・楽しくて、幸せな時間を過ごせることを
今は幸せに思わなくては・・・と自分に言い聞かせています。

今度会えるのは・・・連休中になるのかな。
出張のあとの束の間のデートです。
親子遠足と重なってしまい、危ぶまれていたデートだけど、
二女はおじいちゃんでも大丈夫、ということだったので、
父にお願いしました。
遠足といっても、親子で山歩きなんですけどね。
まぁ、彼とのデートだけだったら、自分で遠足に行ったのですけどね。
彼とは別の機会にも会えるわけだから。
一応、お仕事を持っている私は、出張もできる範囲でと思っています。
自分のやりたい仕事の勉強会だし、ボスにも期待されていたので・・・ね。

そんなこんなでまた次のデートまでしばしのお別れです。
会えない時間は、彼のために自分を磨く時間。
いつまでも可愛いって言ってもらえるように・・・
もちろん年相応でかまわないけど、女性の可愛さを失わずに・・・
彼のために、自分のために、キレイでいたいです。
身も心も・・・ね。

by azu-asu | 2005-04-25 06:24 | 恋する私

週末あれこれ

今週末はちょっとのんびりと出来ました。
子どもと一緒に、子どもを中心とした時間を過ごせたっていうのが、
のんびりできたなぁって・・・そう思える理由です。
いつもは、週末に買い物ではしごをしたり、病院や、その他・・・
どうしても私の都合で子どもを振り回しているようなところがあるんですよね。
ウィークデイは仕事で精一杯なので、
週末にやらなければならないこともやっぱりありますから。
けれど、今週末は結局最小限のことだけで済ませてしまいました。

土曜日は、育成会の行事で写生大会がありました。
下の子も一緒に連れて行って、午前中いっぱい写生をしてきました。
ちょっと風が強くて、画用紙が飛んでいってしまったりと、
ハプニングもありましたけどね。

そして、今日は、午前中、フリーマーケットへ。
彼を駅まで車で送っていったら、目に入ったので、
子どもたちと一緒に回ってきました。
買ったのは・・・結局ぬいぐるみやマスコット、ビーズの指輪等、
子どものものばかり。
あとは、お昼ご飯用に揚げたてのコロッケを。
家に戻って美味しく頂きました。
午後からは長女が学童のお友達と遊ぶ約束をしていたので、
一緒に待ち合わせ場所の学校まで。
長女とは学年が違うのだけど、気が合うらしくて、
学童でも仲良くしてもらっています。
Yちゃんという2年生の女の子です。
Yちゃんママと、弟君も一緒です。
しばし、学校で遊んでいましたが、Yちゃんの家へ行くということで、
私は1度二女を連れて自宅へ戻り、眠くなってしまった二女と一緒に1時間お昼寝(笑)
二女を起こして、Yちゃんの家へお迎えに行きました。
コーヒーをいれてもらい、1時間ほどいろんな話をしてきました。
子どもも帰るのがいやだと相当楽しく過ごしていたようです。
声を出さずとも・・・こうやって一生懸命遊んで、
遊んでもらって・・・それだけでもありがたいです。
Yちゃんママの同級生にもまったく話さないお友達がいたそうですが、
中学生になって、話が出来るようになり、今ではそんな面影もないとのこと・・・
我が子もいつか・・・なにかのきっかけで話すことができるようになるのかなと、
ちょっとだけ希望が持てました。
まぁ、焦らず・・・のんびりと・・・、とその気持ちに変わりはありませんけどね。

子どもの笑顔がたくさんみられた今日は、母も笑顔で過ごせました。

by azu-asu | 2005-04-24 19:18 | 日記

もうちょっと・・・

再度、レントゲンを撮ってもらったところ、
まだ右側の炎症はきれいになっていないそうです。
もう1週間お薬を続けることになりました。
飲み終わって、症状が悪化している等々、問題なければ、再受診の必要はないけれど、
菌が特定できているわけではないから、慎重に・・・ってことでした。
だいぶラクにはなっているので、大丈夫だとは思いますが・・・
無理をしないで、ゆっくりとしたいと思います。

といっても・・・
明日も育成会の行事があって、出かけなければなりません。
母親業に休日はないってことですね(笑)

明日の夜には、4週間ぶりで、彼に会えます。
彼の腕の中で・・・安心して眠りたいです。
また短い時間だけれど・・・
彼の愛情を全身で感じたいと思います。
ん…でも、あんまり長い間裸ではいられないかな…(笑)

by azu-asu | 2005-04-22 21:17 | 日記

今年度初めての教室

今日は今年度初めての通級指導教室の日。
これから毎週水曜日に長女はそこへ通うことになります。
新しい先生と初顔合わせ。
若くて、とっても可愛らしい女の先生でした。
母親としては、何となく経験をつんだ先生のほうが・・・
という何の根拠もない思いもありましたが、それはそれ。
若い先生には若い先生なりの思いもあるはずで、
きっと一生懸命指導にあたってくれるのだと期待しています。
長女の先生に対する印象も良かったらしく、安心しました。
相変わらず声は出しませんが、初顔合わせのわりには、
笑顔もたくさんみられて良かったです。

そこへ通うことで、すぐに結果がでるものではないだろうけれど、
長女が笑って過ごせる場所がひとつでも多くなることは、
それだけで意味のあることだとも思います。

それにしても・・・
私の住んでいる市内だけで、そこへ通っている小学生が160人もいるそうです。
そして、160人の親御さんもいろんな思いでいるのだろうと察します。
子どもに育てられるとはよく言うけれど・・・
親子で成長できるといいなと思います。

by azu-asu | 2005-04-20 23:58 | 母親の私

言葉の行き違い

体調が悪くて、家事をおサボりしまくっていたこの頃・・・
同僚の言葉にちょっとガッカリしました。

咳き込む私に同僚は、
「また悪いことしたんじゃない?」
「私、人様に顔向けできないようなことは何もしてないよ(笑)」
「そうじゃないよ、身体に悪いこと、したんじゃないの?」
そんな会話の中で・・・
「子どもと一緒に早く寝てたから、夜更かしはしてないよ。
その分、早起きしてたけどね、やらなきゃならないことがあるから」
すると彼女は・・・
「私は、当日の朝に、やらなければならないことをやるなんて、絶対にできない。
心配で。1ヶ月前にはやっちゃうもんね」
と、そう言いました。
私はそのあとに、違うよ・・・と言おうかと思ったけれど、
とりあえず言葉を飲みこみました。
同僚は・・・細かくて、きっちりした性格なので、
いつも私生活のだらしなさを売りにしている私(笑)とは違うのよ、
と言いたかったのかもしれません。
そりゃね、実母と一緒に暮らしていて、
家に帰れば、洗濯も終わっていて、夕食が出来ていて・・・
6年生と3年生の子どもたちも優秀で・・・
そんなあなたの生活と、私の生活はまるで違うんだってことを、
まったくわかっていないご様子。
同じ時間に仕事を終えても、私はまず保育園と、学童保育所と、
2箇所に子どもたちをお迎えに行き、
それから夕食の仕度をして、
長女の宿題を確認して、お風呂にいれて・・・
下の子には絵本を読み聞かせ・・・
子どもと一緒に寝ちゃった暁には、そりゃ、早起きしないとやってられないのです。
流し台には夕食のあとの洗い物がたまっていたり、
洗濯物をとりあえず投げ込んだだけで、たたんでいなかったり。
保育園と学童保育の連絡帳も書かなければなりません。
私のやらなければならないことは「日常的な家事」のことであって、
「特別なこと」ではないのです。
昨夜の洗い物を1ヶ月前にやっておくことは不可能なのです。
いつもそんなふうに会話が噛み合わずに、
結局私が先に口を閉ざしてしまいます。
言い返すのも、否定するのも・・・面倒になってしまうんですよね。
「わかりあえない」と、私の中で決めつけちゃってるところもあって、
なかなかどうして、気持ちよくお仕事ができません。

いろんな場面で感じる温度差を、
どうやって埋めたらいいのか・・・
難しいですよね、人間関係って。
会話が成立しないのは・・・同じ言葉から、同じことを連想できないのは、
やっぱり、性格とか、育ってきた環境とか・・・
いろいろありますよね。
いろんな人がいて、いろんな考えがあって、いろんな生き方がある。
わかってもらおうと思うのも、わがままなことなんでしょうね。

それでもお仕事だから、上手くやって行かねばなりません。

ちょっとグチになってしまいました。

by azu-asu | 2005-04-17 21:53 | お仕事

ひとあんしん

今週はブログはおサボりしがちでした。
まぁ、毎日更新するぞ、と意気込んで始めたわけでもないんですけどね。
ずっと体調が今ひとつだったのですが、
ようやく病名が判明しました。
「肺炎」だそうです。
どうにもならずに、いつもの内科で紹介状を出され、別の医院に行くようにと。
で、そこでCT撮影してもらったところ、見事な陰がふたつ。
そう2箇所で肺炎を起こしていました。
これまでの症状が、これで説明がつきますね、ってことでした。
ほんと苦しかったですもん、咳と、夜の微熱。
ってことで、薬が全部変わったので、これで良くなると信じています。
病名がハッキリすると安心もするんですよね。
治療法が明確になるわけだから、これで治る!って。
あまりにも長い間、咳が続いていたので、ホントに治るんだろうか?って、
先が見えずに心配だったりしたのです。
薬が細菌にばちっと合えば、1週間程度で治るそうです。
まれに厄介な細菌もあるそうですが、
もちろんそのときは、また別の薬で、ってなるらしいです。
とりあえずほっとしました。

子どもが「肺炎」なんていうと、みんな心配してくれるのですが、
今日も保育園の保護者会の役員会。
「私、肺炎だったの」と担任の先生に。
ずっと体調が悪いとは言ってあったのだけど、先生も「ぇ、え~?!」とビックリ。
別の先生には、思わず笑われてしまったり。
まぁ、子どもやお年寄りと違って、そんなに心配するほどのことでもないのですが、
とりあえずしばらくは安静にってことです。
なのに、役員会には出席してきたんですから、矛盾もしてますよね(笑)

いつも同じシメですが、やっぱり健康第一。
とくにシングルマザーの私は、もっともっと健康管理に重きをおいて、
生活しようと改めて思った次第です、はい。

みなさまも、健康にはご注意なさいませ。

by azu-asu | 2005-04-16 23:36 | 日記