人気ブログランキング |

<   2004年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年、最後の…

全国的に寒い大晦日になったようですね。
私の実家の窓からも一面真っ白な雪景色。、30センチ以上は積もっています。

育児に仕事、生活していくために、がむしゃらに日々を過ごしているだけの毎日。
そんな日々もそれはそれで幸せだけど、私をいつも見守ってくれている彼、
彼の存在があったから頑張れたことがたくさんありました。
喧嘩もしたし、不満や不平を涙ながらにぶつけたことも何度もあったけれど、
いつもどーんと受け止めてくれる優しい人。

私は、あなたを愛しています。

いつもどうもありがとね。

by azu-asu | 2004-12-31 21:36

8才のお誕生日

今日は長女の誕生日でした。
プレゼントは少し前にすでに渡してありました。
前から欲しがっていた自転車です。
それまでは16インチの小さな自転車のサドルを目一杯高くして乗っていましたが、
22インチの大きな自転車に満面の笑みでした。

子どもの成長に目を細める私も、母親業8年目。
まだまだ発展途上だけれど、
焦らずのんびりと成長していきたいものです。

by azu-asu | 2004-12-30 23:06

初雪

この冬、初めての雪が降りました。
そして、子どもたちは大喜びでした。

雪の降る中、実家へ帰りました。
しばらくは、何も考えずにのんびりします。

それにしても、寒い日でした。
風邪引かないようにしないとね。せっかくのお休みなんだから。
今夜はあったかくして、目覚まし時計をかけずに、お布団に入ります。

ささやかな幸せかな、こんなことも…。

by azu-asu | 2004-12-29 21:29

師走

今日からお休みでしたが、忙しい一日でした。
これが師走なんだなぁ・・・なんて、思ったりして(笑)

午前中は、遅れ馳せながら年賀状を完成させ、郵便局へ。
お昼ご飯を食べて、いつも飲んでいるお薬を貰いに病院へ行ったり。
その後は、先延ばしにしていたのですが、
スタッドレスタイヤを買いにカー用品やさんへ。
タイヤも・・・高いんですよね。
貰ったボーナスの使い道はすでにほとんど決まっていたのですが、
そのうちのひとつがこれ、タイヤです。
私は、免許をとって、15年が経ちましたが、今乗っている車が2台目。
丸13年乗りつづけた車から今年の4月に買い換えたばかりです。
そんなわけで、この1年は車にお金がかかってしまいました。
タイヤを買ったので、これでしばらくは安心ですが。
ただ、交換は待ち時間が1時間半くらいとのこと。
子どもを二人連れていたので、明日にしてもらうことにし、時間を決めてきました。
それから、明後日は長女の誕生日なので、ケーキ屋さんへ予約に行ったり。
そんなこんなで、結局家の中は何一つ片付きませんでした。
予定では・・・明日、実家へ帰ろうと思っているのですが・・・
この状態では・・・(汚)
今夜、これから何とかしなくては・・・ふ~・・・。

そして・・・
昨日、私のイライラした気持ちを彼にもメールで訴えたところ・・・
とっても大人な感想が返事として戻ってきました。
彼の言うことがもっともなのだろうと思いました。
組織に属している以上、自分の思いと違うときって必ずあります。
我慢するばかりでも良くないのかもしれないけれど・・・
不快感を与えずに注意するのが難しいならば、
結局は、自分のやるべきことだけしっかりやって、
無言のうちに訴えうるしかないってことなんでしょうね。
けれど・・・理解してもらえそうになくて、虚しいんですよね。
これが、大きな会社だったらいろんな意味で、諦められる・・・というか、
それこそいろんな人がいるわけで、
それぞれいろんな思いで仕事をしているのですからね。
小さな事業所だけに・・・小さなことまで気になってしまったりします。
私の小姑根性・・・かな(笑)
自分の考えや思いを押しつけるのも、期待しすぎるのも良くないとは思うけど。
ま、しばらくは仕事のことを考えずに過ごせるので、ホッとしています。

今年もあと数日・・・
しっかりと今年の汚れを落とそう・・・

家の中も・・・もちろんだけど・・・

私の身についた汚れ・・・心の汚れも・・・ね。

by azu-asu | 2004-12-28 20:48 | 日記

仕事納め

今日で年内の業務が終わりました。
大掃除をして、ちょっと疲れました。

それよりなにより・・・同僚に腹が立ち、やりきれない気持ちになりました。
きっと・・・他人にはバカバカしいほど些細なことかもしれないけれど、
私には納得できないというか、理解できませんでした。
これまでも何度となく、言いたいことを言わずに、
黙って耐えてきたことがたくさんあります。
けれど・・・我慢することに疲れてしまいました。

来年は・・・自分のために・・・
自分が気もちよく仕事をできるように・・・
そのためにきちんと直訴しようと思いました。
言わなければわからない人って、いるものです。

私って・・・きっと難しい人なんだろうなぁ・・・

納得できないことは、とことん追及してしまうタイプかもしれません。

by azu-asu | 2004-12-27 20:34 | お仕事

サンタさんが来た!

子どもたちは、私が用意したプレゼントをサンタさんからだと信じています。
25日の夜・・・子どもたちが寝静まってから、枕元へそっと置いておきました。
慌てて準備したものだから、ラッピングなんて考えもせずに、
トイザラスの袋のままです(笑)
それでも、朝、先に目を覚ました二女が、
「ママ、サンタさんが来た!」と大声で叫び、
長女も目を覚まして、さっそくそれぞれの枕もとのプレゼントを開けて、
大騒ぎです。
ふと、前から気にしていた二女が・・・
「ママのところにはプレゼントがないね・・・
いつも○○ちゃん(長女の名前)と○○(自分の名前)のことを
怒ってばっかりいるからかなぁ・・・」(かなり真剣・・・)
もう笑うしかありません・・・

懐はちょっと寂しくなってしまったけれど、

あなたたちの笑顔がママにとっては最高のプレゼントだよ!

by azu-asu | 2004-12-27 19:06 | 母親の私

クリスマス

どこもそうだと思いますが、私の住む街もイルミネーションがきれいです。
車で通りながら見ることはあったのですが、
子どもたちにせがまれ、夕方から家をでて、イルミネーションを見てきました。
b0036561_22255282.jpg

市役所のすぐ目の前がとてもきれいになっているのです。
そのあと、市役所の21Fの展望ロビーに上って、
これまたきれいな夜景を眺めてきました。
カップルがもちろん多かったのですが、
私のような小さな子ども連れもたくさん来ていました。
ん?親子連れ・・・そういえばみんなお父さん、お母さん、子どもたち・・・という感じで、
私のように、大人ひとりで子どもを二人連れているのは、珍しかったかも(笑)
まぁ、とにかく子どもたちも喜んでくれたし、私も楽しんできました。
後は、サンタさんがやってくるのを待つのみです。

わが子たちは、未だサンタさんの存在を信じています。
長女が寝る前に何度も確認・・・
「ママ!サンタさんが入ってこれないから、ベランダの窓、開けておいてね!」
「わかってるから大丈夫だよ!」
今朝、長女は起きた瞬間に枕元に目をやり、
「やっぱりサンタさん来なかった・・・いつも○○(二女の名前)をいじめたり、
叩いたりしてるからかもしれない・・・」
そういいながら沈んでいたんですね。
私が、サンタさんはいつも空の上から、みんながいい子にしているか、
ちゃんと見ているんだからね・・・って、話していたからだと思います。
今夜はサンタさんが我が家にも立ち寄ってくれる予定なので、
明日の朝が楽しみです。

ママにもサンタさん来てくれるといいね・・・
そんな心遣いを見せてくれた二女。
けれど・・・

ママのサンタさんは・・・遠いです。

しかも・・・相当鈍感で、女心がわからないおじさんだったりするんだよね(笑)

by azu-asu | 2004-12-25 22:31 | 日記

クリスマスだというのに・・・

今日もいつもと変わらない忙しさです。

仕事ももうすぐお休みという今頃になって、忙しくなってしまいました。
そして、その仕事を終えた後には、皮膚科へ寄ってきました。
子ども二人を順番にお迎えに行き、
さらには、ケーキ屋さんへ予約していたケーキを受け取りに。
そして、皮膚科で受診をしてから、家に戻りました。
皮膚科は2週間に1度、通っていて・・・
以前からの予約だったので、食事は簡単に済ませようと思っていたので、
生協で買った冷凍のピザをオーブンで焼き、ケーキは小さなブッシュ・ド・ノエル。
これだけでいいの?
こんな手抜きでいいの?
いいんです。
だって我が家は小さな娘が二人と私だけ。
誰も文句は言いません(笑)

その上、ここ最近はずっと忙しくて・・・
子どもたちのクリスマスプレゼントも準備していません・・・どうしよう・・・
とっても楽しみにしているのに・・・

それでも・・・数日前から、今日に間に合わせるのは無理かも・・・と思っていた私は、
いろんな言い訳を子どもたちに言い聞かせていたので、
何とか誤魔化せそうです。
サンタさんはこの時期とっても忙しい・・・
みんなが寝静まってから順番にみんなの家を回っているので、
一日ではまわり切れない・・・
したがって、明日か明後日になってしまうかもしれない・・・
けれど、いい子にしていればサンタさんは必ず来るから・・・
サンタさんに遅くなってもいいからね・・・
慌てないで来てね・・・と、伝えておこう・・・
ことあるごとに言い含めてきたので、納得しているようです。
よかった。よかった。

明日は土曜日・・・
子どもたちに隠れて、プレゼントを買っておかなくては。

欲しいものがわかっているだけに難しいんですよね・・・
しかも・・・おもちゃやさんもきっと品薄だろうな・・・
来年はしっかりと前から準備しておかなくては。

反省、反省。




メリークリスマス☆

どうぞ素敵な夜を・・・

      

by azu-asu | 2004-12-24 21:51 | 日記

言葉と体温

結局、私は彼のことが大好きで、彼のことを信じて、
彼についていこう・・・と、そんな結論に至りました。

もっとも・・・本音は、彼と別れたくない・・・それだけだったわけだから。

彼が私を好きでいてくれるのは間違いなくて・・・
ただ、それがあまりにも不器用というか・・・
女心を理解できなかったりするわけで、
たいていの喧嘩はその類が原因です。

これがね・・・一緒にいるときはそんなことなくて・・・
優しくて、楽しくて、私を喜ばせようと一生懸命です。
何故かと考えてみると・・・
彼とのデートのほとんどは、私の所へ彼が訪ねてくるパターン。
その逆は、ほとんどありません。
お互いの子どもの年齢を考えて、それがベストな形なので致し方ないのですが。
つまり・・・彼と一緒にいても、私は普段の生活の延長なんですが、
彼は、一緒にいる時間のすべてが私のために使用している時間です。
けれど、メールのやり取りしている離れている時間は、
彼にも生活があって、もちろん仕事のストレスもあるでしょうし、
子どものことで大変なこともあるのでしょう。
主夫業もしているわけですからね。
それを思うと・・・そっけないメールや、電話をするのが億劫な気持ちも
理解してあげないといけないのかもしれないと、
冷静な私は考えることも出来ます。
恋する私としては、もっと電話もして欲しいし、
会えない時間も私のことを考えて欲しいと、わがままになったりするのですが。

そんなわけだから、今度会えたその日には・・・
彼に言いたいことをまとめて全部言おうと思います。
その上で、仲良く二人で過ごせるように・・・
これからの人生を一緒に歩いていけるように・・・
たくさんの言葉を交わし、たくさん身体を交わし・・・
二人の気持ちをきちんと確認し合おうと、そう約束しました。

彼に抱かれたそのあとに、彼の腕のなかでまどろんでいる時間がとても好き。
それだけで言葉は要らない・・・いつもそう思う。
けれど、今度はそれじゃダメ。
たくさん言葉を発して、二人の小さな溝を、体温ではなくて、言葉で埋めよう。

by azu-asu | 2004-12-23 23:47 | 恋する私

ひとつの事実にふたつの認識

今日、私はある人の言葉を聞く機会がありました。
その人は、夫婦関係のことについて話をしていたのだけど、
私は、自分と彼のことであるかのようにも思え、真剣に耳を傾けてきました。

同じ出来事を経験しているのに、まったく違うように感じ、捉えてしまうのは何故か。

例えば、夫婦だから喧嘩もする。
一方は、原因は取るに足りないことだという。
もう一方は、たいそう重要な原因だと思っている。
話し合いをし、仲直りをしたと認識している一方と、
何も解決に至っていない現実を嘆く一方。

同じ事を経験しているはずなのに、同じように感じられない二人。

私と彼にもそんなところがあるのかなって。

その多くは私のわがままでもあるのだろうけど・・・
離れている分、私の彼に対する要求は大きいのかもしれない。
それを彼は、たいそうなことだとは思っていないのだろう思う。

だからこそ・・・今・・・
まだすれ違っていない今、歩み寄れることは歩み寄って・・・
私の中の解決できない小さな出来事や、思いを、しっかり伝えたい。
解決したい。

そう思いました。

彼にもそう伝えました。

だって、本音を言えば・・・

私は彼のことが大好きで、彼とは別れたくない。

こんなに好きな人とすれ違うのはいや。
そんな気持ちがあって、思いを伝えられなかったこれまでだけど・・・

我慢することで解決したかのように装うのではなくて、これからは本音でぶつかっていくよ・・・

きっと彼はわかってくれるはず。
私はあなたを信じているよ・・・

by azu-asu | 2004-12-22 20:37 | 日記