人気ブログランキング |

<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いいかげん

今日、「いいかげん」という言葉を投げかけられ、不快な思いをしました。
「好い加減」ではなくて・・・『無責任』という意味での「いいかげん」だったと思います。
自分が何もかも完璧にこなしているとは思わないけれど、
少なくとも・・・その言葉を言い放った人の前では、
「いいかげん」なことをした覚えはありません。
だからこそ、不快感を覚えたわけで・・・
私の「いいかげん」さを知っている人から、
同じ言葉を言われたら、笑って「その通り」と舌を出してみたりしたことでしょう。

言葉って・・・本当に難しいなと思うのです。
たぶん何の悪意もなかったその言葉に、
思いきり不快感を覚えた私。
けれど、私も同じように人に不快感を与えているのかもしれない、と、
そう思ったのです。

他人に対して・・・
それこそ「いいかげん」な気持ちで、軽々しく冗談を放つのはやめにしようと、
そう思いました。
人を傷つけるのも、本意ではないし・・・
「いいかげん」と、評価されるのもいい気持ちではないし・・・ね。
言葉の暴力とまでいかなくても・・・
人に不快感を与えない言葉遣いができる人間になりたいものです。

私の言葉に傷ついたことがあるかもしれない皆さん!
これからは気をつけます!
今まで、ごめんなさいm(__)m





それにしても・・・

「私のどこがいいかげんなんだよ!?」

と、すぐに言い返せなかった自分が、ちょっと情けなくもあり・・・
そしてまた、ちょっと可愛かったりもします(^^ゞ

顔で笑って、心で泣いて・・・
ん?・・・心で怒って・・・だったかな、どちからと言うと・・・

by azu-asu | 2004-11-30 20:19 | お仕事

リラックス、リラックス!

今度は、上の子が熱を出しました。
まぁ、仕方がないです。

風邪らしい症状は今のところないので、
もしかしたら、知恵熱かな・・・なんて思っています^^;

まぁ、ゆっくりとオヤスミしましょう。

私も・・・ゆっくりとお付き合いしましょう・・・。

そして、心も身体もリラックスしましょ!

特に長女の場合は・・・リラックスできる場所が限られているので、
こんなときはとなりにいてあげたいなと思うのです。

頑張り過ぎないように・・・
時には力を抜くことが大事。

自分で自分に言い聞かせます。

私は、母親なんだから・・・
母親である自分を最優先して・・・
余計なことは考えないで・・・

明日の朝には、熱が下がっていますように・・・

by azu-asu | 2004-11-29 16:03 | 母親の私

あったかくなる方法

彼との何となく感じるすれ違いに・・・
ちょっと心が寒くなっていたこの頃・・・


今日は日帰り温泉に行ってあったまってきました。
私は温泉がとっても好きで、近くにもいくつか日帰り温泉施設があるので、
ドライブがてら時々出かけます。
両親と一緒だったり、彼と一緒だったり・・・
もちろん子どもと3人で行ったり。
どんな状況でも、誰と一緒でもほんわかした気持ちになれるものです。


ちょっとほっとして・・・
余裕が出てきたかもしれません。

心があったまると・・・まわりの人にも優しくなれたりするものです。

by azu-asu | 2004-11-28 19:46 | 日記

母たちの思い

昨夜は、二女の通っている保育園の懇談会でした。
私は、子どもを二人お留守番をさせ、出席してきました。
あまり長時間は無理なので、途中で退席しましたが・・・。

いつも思うのだけど・・・
母親というのは、本当に忙しくて・・・
あまりゆっくりと他のお母さんたちの話しを聞くチャンスがないので、
それぞれのお話を聞くのはいいものです。
小学校の懇談会だとどうしても堅苦しくなっちゃうのですが、
その点、保育園は「ざっくばらん」で、なかなかグーです。

子どもたちと見つめ合いながら、
ゆっくりと、親子共々成長したいものだと、あらためて思いました。

母親の気の持ちようひとつなんですよね。

余裕がないのに、余裕をもて・・・といわれても難しいのですが、
ほんのちょっぴりの余裕を持つための努力はしてみようと思います。

by azu-asu | 2004-11-28 10:02 | 母親の私

ゆめ

私の夢はなんだろう・・・

もちろんささやかな夢はたくさん持っているし、大きな夢もある。
ただ・・・現実を見つめつつ、自分の夢を考えたとき、
すぐには出てきませんでした。

どうでもいいことだけど・・・
私の職場の隣には大きな木があって・・・
そこが今の時期、クリスマスツリーとなっているのですが、
そこへ、自分の夢を短冊に書き、結んでくると夢が叶うとか・・・
いや、叶うわけではなくて・・・託す?
う~ん・・・夢をみるものいいんじゃないか・・・くらいなものなのかもしれませんが、
そんなものがお目見えしています。
そして今日、仕事でちょっと外へ出たときに・・・短冊を一枚もらってきました。
で・・・ちょっと恥かしいので、同僚には内緒にしつつ・・・そっと夢を託してこようかと、
そう思ったのですが・・・
これがすぐに文章に出来ないのです。
結局・・・家にもって帰ってきました。
子どものこと、恋愛のこと・・・自分の将来・・・
この週末は・・・ちょっと自分の将来を考えてみようかな・・・
そんなことを思ったりしました。


ちなみに私の幼稚園時代の夢はスチュワーデスでした。
当然夢で終わりました。
小学校から・・・そのあとは、ずっと学校の先生。
その夢は・・・ちょっとだけ産休先生をしたりで、
叶ったような・・・叶わなかったような・・・
で・・・今の夢は・・・
もちろんゴールは彼のお嫁さんなんだけど・・・
う~ん・・・仕事での成功、子どもの将来・・・
そして・・・好きな人との幸せな生活・・・
どれもこれもはずせない(何とも贅沢な・・・)
けれど・・・夢は・・・ひとつでなくてはならないってこと、ないですよね!?
それに・・・夢見るのは・・・勝手だもんね^^

by azu-asu | 2004-11-26 21:03 | 雑感

子連れ出勤

昨日、今日と、かつて、アグネス・チャンさんと林真理子さんが大論争を繰り広げていた(古っっ)、子連れ出勤をしました。

子連れ出勤・・・普通の会社では考えられないことかもしれませんが、
私の職場では、当たり前のようにそれを受け入れてくれています。

もちろん、仕事にまったく支障をきたさないわけではないし、
病みあがりで、眠くなったりしたら当然愚図ったりもします。

今日はちょっと愚図ったわが子にイライラしたりもしました(笑)
やっぱり同僚に迷惑をかけている、という私の中の悩ましい部分が先立ちます。

そんなときは思いきって外の空気を吸ってきたりします。
今日も、職場の隣にある、大きなクリスマスツリーの下のベンチに座って、
泣いてる子どもと、泣いてる母親・・・
道行くサラリーマンたちはさぞや不審な親子だと思ったことでしょう(笑)

それでも・・・子どもを育てつつ働く上で、
どうしても子どもを預けられない場合って・・・必ずでてきます。
そんなとき、普通ならば有給を使ったりで、
仕事を休まざるを得なかったりするのでしょうけど。

私の職場は・・・
困っている人たちがたくさん訪れる場所でもあり、
私(と子ども)の存在は、その人たちにとって時に力になることもあるらしいです。
悩みに悩んで辿りついたところで、
子どもの笑顔があったり、ソファーで眠りについていたり。

子どもの笑顔で、いろんな悩みが解決するわけではないけれど・・・
それでもほんの一瞬でも気持ちが安らぐことはあるかもしれないと、
自分の都合のよいように解釈すればそういうことです(笑)

私も心の中では葛藤してたりするんですけどね。
職場に子どもを連れて行くことがどうなのか・・・って、
論議になると・・・難しいです。
私だって、職場に子連れ?どうなのよ?って・・・そりゃ思います、はい。
ただ・・・現実に仕事をしたくても、子どもをどうすることもできないこと・・・
働く母親ならば1度や2度・・・あるいはもっと、経験あると思います。
もちろん、休みをとるべきだという方もたくさんいらっしゃることでしょう。
であれば・・・、あの人は子どものことだ、なんだで休みばかりとっている・・・というような、
その類のバッシングは是非やめて欲しいとも思います。
子どもの病気が続いたり、どうしても休みがちになってしまい、
何となく雰囲気が悪くなった・・・
辞めざるを得なくなった・・・
そんな母親たちを何人も見てきました。

働き盛りの子育て世代・・・
共働きや、ひとり親家庭・・・
いろんな状況があるし、いろんな考え方があります。
すべての人にあてはまるような得策はないのかもしれないけれど・・・
悩みを抱えてる私たちの現状をもっともっと訴えていかなくては・・・と、
いつも思っています。




明日は・・・保育園へ行けるかな・・・いや、連れていこう!

う~ん・・・大丈夫・・・カナ?

by azu-asu | 2004-11-25 20:44 | 雑感

クリスマスツリー

今日、我が家もクリスマスツリーの飾り付けをしました。
ふと気付くと街の中もずいぶんとクリスマスを意識したイルミネーションや、
ディスプレイになっています。

もうそんな季節なんですね。

今年は、金曜日がイブということで、恋人同士にはもってこいのシチュエーション。

私は、今年も変わらず、二人の娘のサンタさんです。
ケーキを食べて、眠りについた子どもたちの枕元に、
そっとプレゼントをおいてから、自分も眠りにつきます。
朝起きたときの子どもたちの顔が何ともいえないんですよね(^^)

小2の長女は、一体いくつまでサンタさんを信じているのか・・・
まだまだ夢を持ち続けて欲しいと思うのは私だけでしょうか。

by azu-asu | 2004-11-24 21:54 | 日記

がんばれとがんばろう

私は、「がんばれ」と言われるのはあまり好きではありません。
それは、今まだ頑張っていない・・・ということを言われているような気がするからです。
頑張りが足りないぞ・・・と、そう言われてるのと同じように聞こえるからです。
私、今、これでもめいっぱい頑張ってるんだよ・・・と、心の中で叫んだりします。


できれば・・・

一緒に頑張ろう・・・そう言って欲しいな・・・

よく頑張ったね・・・
少し肩の力を抜こうね・・・そう言って欲しいな・・・

私の頑張りを否定せずに・・・優しく励まして欲しいな・・・



こんなことを思う私は・・・やっぱり甘ったれなのかもしれません。

by azu-asu | 2004-11-23 18:10 | 雑感

山あり谷あり

本当に人生は山あり谷あり・・・

それは、いろんな場合に言えることで・・・

今回は、子どもの風邪に悩まされています。

たかが・・・風邪じゃないか・・・と、思われる人もたくさんいると思いますが、
私には、死活問題です。

先週木曜日の朝方の・・・しばらく続いた39度から40度の間をいったりきたりの高熱。
昨日もあまりグッタリしていたので、休日当番医へ。
そして、今朝になってようやく熱も下がって、再度かかりつけ医へもいって、
安心して、遅刻して仕事へ行ったところ・・・
私が家をでてわずか数時間後・・・
子どもをお願いしていた母親から職場へ電話がありました。
また、39度4分も熱がある・・・ということでした。

一家の大黒柱(頼りない大黒柱だけどねぇ・・・)として働いている私は、
さすがに何日も仕事に穴をあけることにも抵抗があるし・・・
かといって、もう若くもなくて、そう近くもないところへいる両親を呼び出したり、
病気の子を預けに行ったり・・・
ほんと・・・
なによりも、熱が上がったり下がったりを繰り返しているわが子は、
一体いつになったら良くなるのか?

私の心も山あり谷あり・・・

悩ましいです・・・ほんと。



早く・・・元気になろうね・・・

by azu-asu | 2004-11-22 21:21 | 日記

伝えることの難しさ

彼と付き合い始めて何度か壁にぶち当たったことがあります。
そして・・・昨日も、私のちょっとした言葉に彼はちょっと怒ったようでした。
会えないでいる時間が長くて・・・
その間、ほとんど電話をすることもなくて・・・
メールを交わすだけ。
文字でのやりとりがほとんどの私たちにとって、
ちょっとした言葉の行き違いや・・・
伝えたいことが伝わらずにやりきれない気持ちになることは、
何度となくあったように思います。
その都度、きちんと話しをして、壁を乗り越えてはきたのですが・・・
同じことを何度も繰り返していると・・・
もう面倒だからいいや・・・という諦めの気持ちや、
いい加減にしろよ、という投げやりな気持ちが、徐々に湧いてきたように感じるのです。
私はどちらかというと、諦めの気持ち、
そして彼は投げやりな気持ち・・・をそれぞれ。
何度いっても結局彼はマイペースで・・・
そのペースに私のバイオリズムが一致しているときには問題ないのだけど、
私にも、気持ちの浮き沈みは当然あるはずで・・・
寂しいときや、悲しいときや・・・たとえ表面上だけでも、よしよし・・・って、
励ましてほしいとき・・・そんなときもあるのです。
それを私は文字でそれなりに伝えているつもりなのだけれど・・・
一方通行の尻切れとんぼ・・・
彼は彼のペースで、いつもと変わらないメールが戻ってくるだけです。
そんなときに寂しいなぁと思ってしまいます。

彼は面倒なことが嫌いなようで・・・
私は、手がかかる部分と、かからない部分があるようで・・・
私の、手がかからない部分を彼は気にいってくれたのかもしれないな・・・と、
時々思うのです。
だから・・・面倒臭いな・・・って、そう思われるのが恐くて・・・
言いたいことを遠まわしにしか言えなくて・・・
寂しいこともつらいことも・・・我慢しちゃったりするのです。

そして・・・ときどきそれが爆発する。

きっと・・・いつも一緒にいたら・・・
私たちは喧嘩することもないくらいに、それはとても仲良くいられるのだと思うけれど・・・
離れている時間が長いだけに、小さなストレスはどうしてもたまります。

深呼吸・・・深呼吸。

遠まわしじゃなくて・・・ストレート・・・直球勝負のほうがいいのかもしれない。

今度・・・爆発しそうになったら・・・直球で勝負してみよう。
思いきり・・・空振りされるのも・・・それはまた寂しいかもしれないけれど・・・
手が痺れるほど・・・ズシーンと心に響く、ピッチャー返しを食らいたいものです。

by azu-asu | 2004-11-21 20:53 | 恋する私