人気ブログランキング |

2004年 11月 25日 ( 1 )

子連れ出勤

昨日、今日と、かつて、アグネス・チャンさんと林真理子さんが大論争を繰り広げていた(古っっ)、子連れ出勤をしました。

子連れ出勤・・・普通の会社では考えられないことかもしれませんが、
私の職場では、当たり前のようにそれを受け入れてくれています。

もちろん、仕事にまったく支障をきたさないわけではないし、
病みあがりで、眠くなったりしたら当然愚図ったりもします。

今日はちょっと愚図ったわが子にイライラしたりもしました(笑)
やっぱり同僚に迷惑をかけている、という私の中の悩ましい部分が先立ちます。

そんなときは思いきって外の空気を吸ってきたりします。
今日も、職場の隣にある、大きなクリスマスツリーの下のベンチに座って、
泣いてる子どもと、泣いてる母親・・・
道行くサラリーマンたちはさぞや不審な親子だと思ったことでしょう(笑)

それでも・・・子どもを育てつつ働く上で、
どうしても子どもを預けられない場合って・・・必ずでてきます。
そんなとき、普通ならば有給を使ったりで、
仕事を休まざるを得なかったりするのでしょうけど。

私の職場は・・・
困っている人たちがたくさん訪れる場所でもあり、
私(と子ども)の存在は、その人たちにとって時に力になることもあるらしいです。
悩みに悩んで辿りついたところで、
子どもの笑顔があったり、ソファーで眠りについていたり。

子どもの笑顔で、いろんな悩みが解決するわけではないけれど・・・
それでもほんの一瞬でも気持ちが安らぐことはあるかもしれないと、
自分の都合のよいように解釈すればそういうことです(笑)

私も心の中では葛藤してたりするんですけどね。
職場に子どもを連れて行くことがどうなのか・・・って、
論議になると・・・難しいです。
私だって、職場に子連れ?どうなのよ?って・・・そりゃ思います、はい。
ただ・・・現実に仕事をしたくても、子どもをどうすることもできないこと・・・
働く母親ならば1度や2度・・・あるいはもっと、経験あると思います。
もちろん、休みをとるべきだという方もたくさんいらっしゃることでしょう。
であれば・・・、あの人は子どものことだ、なんだで休みばかりとっている・・・というような、
その類のバッシングは是非やめて欲しいとも思います。
子どもの病気が続いたり、どうしても休みがちになってしまい、
何となく雰囲気が悪くなった・・・
辞めざるを得なくなった・・・
そんな母親たちを何人も見てきました。

働き盛りの子育て世代・・・
共働きや、ひとり親家庭・・・
いろんな状況があるし、いろんな考え方があります。
すべての人にあてはまるような得策はないのかもしれないけれど・・・
悩みを抱えてる私たちの現状をもっともっと訴えていかなくては・・・と、
いつも思っています。




明日は・・・保育園へ行けるかな・・・いや、連れていこう!

う~ん・・・大丈夫・・・カナ?

by azu-asu | 2004-11-25 20:44 | 雑感