初体験

明日、彼が訪ねてきてくれることになっています。
「やっと会える」
相変わらず久しぶりのデートです。

しかも今回は初体験。
っていうのも、明日は火曜日。
ウィークデーのど真ん中。
もちろん私はお仕事です。
なんですけど、こんな設定になってしまいました。

彼の仕事がとっても忙しく・・・毎週末のように休日出勤。
しかも途中夜勤だったり、早出だったり遅出だったりといろいろで。
なかなかゆっくりと時間がとれずに、
平日に代休が二日間取れたからと・・・
ここを逃すとまたしばらく会えないような予定だということで・・・
明日、仕事を終えたその足でここへ向かってもらい、
水曜日・・・私はいつものように出勤。
その間、彼には日ごろの疲れを癒してもらうべく、
ひたすら睡眠をとってもらう予定。
あ、洗濯と掃除機かけくらいはやってくれるそうですけど(笑)
で、もうひとつ一緒の夜を過ごし、木曜日の私の出勤に合わせて、帰宅。
私の職場は駅に近いので、送っていくにはとっても便利です。

そんなわけで・・・
初めての平日デート。
時間に換算しても一緒にいられる時間はわずか。
遠距離恋愛のつらいところです。
彼だって、きっと忙しい仕事の合間に、
わざわざ電車を乗り継いでくるのは大変だろうけれど・・・
でも、やっぱり私は彼に会いたいし・・・
彼もまた同じ気持ちであると、そう思っているので、
こんなわずかな時間も今の私たちにはとっても大切な時間です。
彼の予定に合わせて私も有給休暇が取れるといいんですけどね。
今後はそういうことも少しずつ検討しないと、いけなくなるのかもしれません。

彼と私の選んだ道が交わるまではまだまだ先が長く、
思うようにあえない日々が続くのかもしれません。
でも、必ず一本の道になることを私たちは疑っていない。
いい年してお子ちゃまのようだけど・・・
ただただお互いを必要としていること、
信じることでお互いがつながっているような気がしています。

なんていいながら・・・時々グチグチいってしまうこともあるのですが・・・
言い訳をすると・・・
私は彼を疑っているわけではなくて、ただ「寂しい」んです。
この「寂しい」という気持ちだけは、どうしたって生じてきます。
ここを乗り越えるのは結構大変なんですよね。
彼の重荷にならないように・・・と、それは気をつけるようにしているのですが。
さて、彼はどう感じているのやら。

何はともあれ・・・

「彼と会える」

それが一番嬉しいです。
[PR]

by azu-asu | 2007-02-19 23:58 | 恋する私