おのれ~!なに考えとんじゃ!

今日は子どもたちの秋休みの最終日。
といっても私は当然仕事なので、いつものように学童保育へ。
今日は、市内の別の小学校の学童保育へ行って、観劇の予定。
朝からお弁当を作り、相変わらずの慌しさ。
それでも予定通りの時間に学童へ到着。
しかし・・・到着した途端、思いがけない出来事が。

「ママ、見て~(^^)」
二女が満面の笑みで、見せてくれた足元には、
ぶかぶかの長女のスニーカー。
「へっ?」
一瞬、なにが起こっているのかわからずに考えてしまったけれど、
次の瞬間に出た言葉は・・・
「なに考えてんの?ふざけるのもいい加減にしてよ!」とマジ切れでした。
今日は別の小学校まで出かけるんでしょ?
途中まではバスだけど、そこから歩くんだよ。
どうして、そんなぶかぶかの靴を履いてきたの?
本当はもっと色々と言いたいことがあったけれど、
とにもかくにも時間がない。
結局大慌てで自宅へ戻り、二女の靴を持って、
もう一度学童へ届けたのでした。
そして私は、予定外の行動のため、遅刻ギリギリで事務所へ駆け込みました。

どうしてこう思いもしないことをやってくれるのでしょう。
あの感覚・・・理解できません。
時間に余裕のあるときだったら、そんな二女の行動も、
お馬鹿な(可愛い)やっちゃなぁ・・・と、笑ってやり過ごせるけれど、
朝の慌しい時間帯にされるものだから、
おんどりゃ~・・・って感じになってしまうわけです。
ふ~・・・毎度、お騒がせのやんちゃ娘です。
[PR]

by azu-asu | 2006-10-11 22:44 | 母親の私