人気ブログランキング |

死んだらいけない

あなたは何があっても死んではいけない。

娘にそう言い聞かせた。

最近、娘たちは大人になってきて、
私が見ているニュースの中身にも興味を示すことがある。
北海道の滝川市でいじめを苦に自殺してしまった小6(当時)の女の子のこと
しきりに気にしている。

自分で死んじゃったの?
どうやって死んじゃったの?
怖くなかったの?

テレビのニュースが他の話題になった途端、次々と質問攻めだ。

無視されてたの?
仲間はずれにされてたの?
意地悪されてたの?

・・・うん、そういうことがきっとあったんだろうね。
  とても辛かったんだと思うよ。
  あなたたちは、例えば、お友達に意地悪されたり、
  辛いことがあっても、絶対に死んではいけないよ。
  まず、ママに言ってね。必ず話してね。
  そして・・・お友達にも意地悪してはいけないよ。
  もしも意地悪をしてしまったお友達が、
  そのことがとても辛くて、自殺してしまったら、どう思う?
  お友達に意地悪したくなるような原因があったとしても、
  まず、ママに話をするんだよ。
  意地悪をしてしまう前に一緒に考えようね・・・



長女は、相変わらず、学校では言葉を口にしないので、
面白半分でいたずらをされることがある。
これがいやだった、こんなことを言われた・・・
家に帰ってくると、その類の話をすることがこれまで何度もあった。
私は、それがいいのか悪いのかは別にして、
出来るだけ子ども同士の問題に介入しないようにしているので、
多くの場合は、そのときどう対処したらいいのかと子どもと相談する。
学校や、そのお友達の親御さんにその都度文句を言うことはしない。
ごみを机の上に置かれた・・・
  置いた子の机の上に置き返してみようよ。
自分の意に反したことをお友達に強いられた・・・
  先生に、紙に書いてでも良いから、本当はこうしたいんだということを伝えてみたら。
いろんな話をしてきたけれど、結局お友達に従ってしまうことが多いのもまた事実。
長女が文句を声を出して言えないために、同じことを繰り返されることがあるからだ。
同じことを何度もされると、長女は面倒になり、
結局机の上に置かれたゴミを捨てに行くらしい。
それもまた仕方ないと思う。

これから先・・・
まだまだいろんな出来事を体験しながら、成長をしていくだろう娘たち。
私は、娘たちのこの先の人生を誰かに絶たれるなんてまっぴらごめんだ。

何があっても死んではいけない。

娘たちが心身ともに健やかに成長していけるような・・・
そんな世の中であって欲しい。

by azu-asu | 2006-10-03 23:53 | 母親の私