子どもと父親の関係

離婚した夫婦・・・

子どもと一緒に暮らす母と、離れて暮らす父。

子どもたちが父に
「今度スキーへ行くんだ!」と報告した。
すると父は
「じゃあ、スキーを買って送ってあげるよ!」と言った。
それを子どもが母に伝えたところ、
母は、子どもになんの相談もせずに、
「必要ありません」と父に断ってしまった。



せめて、子どもに相談するべきだったんじゃないのかなぁと、
思ってしまうのは私だけなんだろうか・・・

例えばこのあと、父が子どもたちに何かを買ってあげようとしたときに、
本当は欲しいと思っていても、子どもは母に気を使い、
欲しいと言えなくなってしまうのではないだろうか。

夫婦関係と親子関係は違うと思う。

子どもも父親に対して、良い感情を抱いていないのならそれはそれでいいと思う。
もっとも、良い感情を抱いてなければ、これから訪れる楽しい出来事について、
父に報告したり、語ったりしないのだろうけれど・・・。

憎んで、憎んで、別れた夫のことは、
子どもにも憎んで欲しいのだろうか・・・

感情論だけで言えば、理解できなくもないけれど・・・
実際我が子だったら・・・と思うと、

なんだか胸が痛い。


私は、私に気を使うことなく、父に会いたいと思えば会えばいいと思うし、
子どもの思いにフタをするようなことはしたくないと思う。

これって・・・

やっぱり甘いのかな。

正当論をかざしても、そんなキレイごとじゃないのよ・・・と、誰かが隣で笑っているのかな。

難しいな。
[PR]

by azu-asu | 2006-02-24 23:45 | 雑感