グッとくる仕草

子どもたちが寝たあと、彼とお布団に入りながらテレビをみていました。
私はあまりテレビを見ないので、初めて見る番組。
彼も初めてだった様子。
内容に入りこむこともなく、適当に流していた感じ。

番組の中で、女性がグッとくる男性の仕草について語られていました。
そこで、彼が私にふってきたのです。
「お前がグッとくるのはどんなときだ?」
う~ん・・・
少し考えて、正直に答えました。
「あくまでもさりげなく・・・だけど、身体に触れられたとき」
たとえばエレベーターに乗るとき・・・
たとえばレストランをあとにするとき・・・
さりげなく背中を押されたり・・・
赤い顔をしている私のおでこを何のためらいもなく触って「熱はないね・・・」なんて。

実際・・・そういうシチュエーションを経験して、
私はその人を非常に意識してしまったことがあります。
浮気・・・何をもって浮気というのか・・・わかんないけれど、
当時付き合っていた彼には言えないようなことをその後その人としてしまったこともあります。
その彼にはもしかしたら最初から下心(?)があったのかもしれないですけどね。

考えてみたら、今の彼もそう。
彼はどこかへ行くときには、手を繋いでくれたり、
肩や腰を抱いてくれたり・・・
話の合間に私の足の上に手を置いたり・・・
とっても自然にそういうことをしてくれる人でした。

子どもたちと一緒にテレビを見ながら彼が私の身体を触っていて・・・
もちろん子どもたちには気づかれないように・・・だけどね。
こうやって女の子の身体をフツウに触れるっていいよな・・・って。
そう?
という私に・・・
「そうだよ!こういうこと出来ない人だってたくさんいるんだぞ。
結婚もしてなくて、彼女もいなくて・・・ってのがいるんだから」
なるほど・・・確かにそういう人もたくさんいるだろう。
もちろん・・・そういうことを求めない人も中にはいるだろうから、
すべてがそう・・・とも限らないけれど・・・
少なくとも、私も彼も、お互いのことを求め合って、
これでもかってくらいのスキンシップを今も繰り返しているのが現状です。
出会った当初と何も変わらず・・・
ん?むしろもっと貪欲になったかもしれません。

そんな彼に私はいつもグッときっぱなし・・・
[PR]

by azu-asu | 2006-02-13 03:36 | 恋する私