思い通りにならないのが人生なのかも

なんとも大げさなタイトルですが・・・

実態は、3連休に大掃除をしようと思っていたのに、
具合を悪くしてしまって、手がつけられなかったってことが発端です。

何年か前にもやったので、反省する意味で再度記しておくことにします、
なんとまたも「肺炎」と診断されてしまいました。

ただの風邪と侮るのがいけないのでしょうね。
そういえば自分でも気付かない間に肺炎にかかっていたこともありました。

忙しくて病院に行きたい時に行けなかったり・・・
体調が悪くても寝てばかりいられない状況だったり・・・

こんなときには、どうしても一人でいることを痛感してしまいます。

今回は、とにかく急に高熱が出たので、
解熱剤を飲もうにもお布団から起き上がるのがやっと。
あまりの寒気に真夜中に長女を大きな声で起こして、
寝ぼけ眼の中学生の娘に、湯たんぽをいれてもらい・・・
それでもなかなか寝付けず・・・
解熱剤が効いてきたのか・・・ようやく眠りにつけたのは、たぶん午前4時頃。
久しぶりに仕事を休み、とりあえず寝ていたけれどどうにもならず、
午後の診療時間にお医者さんへ。
レントゲンをとって、怪しい・・・と。
結局CTを撮ってもらって、やっぱり肺炎ですねってことに。

どうも肺炎になりやすいみたいですねぇ。

これから年をとるので、ますます気をつけないといけません。
リウマチのことも心配です。
身体が資本・・・
そう思って大事にしてきたつもりだったけれど、
いつのまにか子どもたちの予定に右往左往し・・・
精神的にも肉体的にもクタクタです。

一番心細い時に、一番そばにいて欲しい人はいつも遠く。
私とはまったく関係のない世界で生きています。
そのことがやけに寂しく、どうしようもなくせつなくなります。

子どもたちもそれぞれ自分のことで精一杯。

熱が下がったので、散らかし放題の家の中を少しずつ片付け始めました。

それでもちょっと動くとものすごい咳が出て・・・
この咳のおかげで体重はちょっと落ちましたけどね。

早く元気にならないと。

桜が咲く頃には、元気な自分でありたいと、
心からそう思います。

きれいな桜を眺めながら、ひといきつける時間が欲しいものです。
[PR]

by azu-asu | 2010-03-21 20:17 | 日記