新人教育

昨年暮れ・・・二人の新人さんを迎えた我が職場ですが・・・
新人教育に苦戦しています。

二人ほぼ同時に入所したのですが・・・
あまりのレベルの差に唖然です。
履歴書による書類審査と面接と・・・
ボスと一緒に選考したのですが・・・見当違いでしたねぇ。
こんなに難しいものだとは思いませんでした。

大学卒業して・・・こういう間違いはしないだろうという間違いをする。
この漢字が読めないのか、この言葉の意味を知らないのか、と驚かされる。
お茶の入れ方も、銀行のATMでの振込みも知らない。
一度言ったこともすぐ忘れるし・・・

今日も帰りがけ・・・とんでもない間違いを発見してしまって。
呆れて物が言えないくらいの間違いだった。
帰りがけでもあったし・・・
ここのところボスがひどく新人さんの様子を気にしているので、
その場では注意しなかった。
明日はたまたまもうひとりのコがお休みなので、
ボスの出所の前に、誰もいないところで、じっくり話をしようと思ってる。
ボスは・・・もう見切りをつけてもいいのではないかと思ってるようで。
さすがにそれは可哀想だから、何とかしてあげたいとは思うけれど、
私には手に負えない感が・・・。

でも、仕事なんだから・・・社会人なんだから・・・
甘やかすのも良くないと思うし、厳しくすべきところは厳しくしないと・・・
それでもわからないようであれば、おそらくもうだめなんだろうと思う。
小さな事業所だからって、なぁなぁで許されるものではない。

新人教育・・・ってタイトルにしたけれど・・・
教育のし甲斐がない。
ため息が出るばかり。

子育ても難しいけれど・・・
職場の新人教育がこれほど大変だとは思わなかった。
[PR]

by azu-asu | 2009-06-18 22:31 | お仕事